顔の施術について

垂れ目形成は内側からやるのが良いのか、外側からやるのが良いのか?

タレ目形成手術にはいくつかの術式がありますが、大きく分けて3つの方法があります

それは、
  • (1)表側から行う方法…下まつ毛の生え際で皮膚を切除し、内部処理をして皮膚を縫合する。
  • (2)裏側から行う方法…裏側の粘膜を切開して内部処理をする。
  • (3)裏側と表側から行う方法…裏側の粘膜を切開して内部処理をし、表側は下まつ毛の生え際で皮膚を切除して縫合する。
というものです。

それぞれの術式に一長一短がありますが、私は主に(1)の表側から行う方法を用います

理由は、
  • 下まつ毛の生え際を切開するが、きれいに縫合すれば傷跡はほとんどわからなくなる。
  • 余分な皮膚は切除するため、下まぶたの皮膚が不自然に余ることがない。
  • 裏側から内部処理するのに比べて左右差がでにくく、ほぼ左右対称に下まぶたの外側を下げることができる。
  • 術後に逆さまつ毛になるリスクがない(むしろ、逆さまつ毛の人にこの方法を行うと、逆さまつ毛が治ることが多い)。
  • この方法で手術を控え目に行った場合、追加で同じ手術を行い、更に下まぶたの外側を下げることができる(最初の手術で限界まで行った場合は、2回目の手術はできません)。

裏側から行う方法に関しては、表側の皮膚を切開しないため、患者様からすると良い手術のように感じるかもしれませんが、それほど大きなメリットはないと思います。

皮膚を切開しても、下まつ毛の生え際で丁寧に縫合すれば傷跡はほとんどわからなくなるし、術後の腫れに関してはどちらの方法でも大差ありません(むしろ裏側から行う方法のほうが粘膜を操作するため、腫れが強くでることもあります)また、裏側から行う方法は手技が煩雑になるため、左右均等に下まぶたを下げることが難しく、術後に左右差が生じることが多いです。

その上、裏側から下まぶたが下に引っ張られるため、下まつ毛が内側に向いてしまい、逆さまつ毛になってしまうことが多いし、表側の皮膚を切除しないため、下まぶたが下がる分、表側の皮膚が余り、皮膚がダブついて不自然になることが多いです

皮膚がダブつくのを防ぐために、裏側から行うのと同時に表側の皮膚を切除する方法もあります((3)の方法)。その場合、皮膚がダブつくのは防げますが、左右差が生じたり、逆さまつ毛になったりするリスクは変わりません。

症例写真
■垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)


(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大