顔の施術について

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。
ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

何でもかんでも鼻中隔延長や眉間ゴアテックスするのはよくない!

高須クリニックには、よその美容外科クリニックで手術を受けて、仕上がりが気にいらないため、修正手術目的でいらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。中でも最近多いのが、鼻の手術でナチュラルな鼻にしたかったのに、まるで西洋人のような高すぎて目立つ鼻にされてしまったという人です。その人達は、日本人特有の凹凸の少ないノッペリとした顔立ちなのに、鼻だけ眉間から鼻先にかけて極端に高く鼻筋が通っていて、客観的に見ても、いかにも整形しましたっていう感じの鼻なのです。

話を聞いてみると皆、「自然な感じで鼻を高くしたかっただけだったので、鼻のシリコンプロテーゼだけすることを考えていたんだけど、カウンセリングのときに、どうせやるんだったら眉間も出して鼻先も延ばした方が良いと言われて、結局、眉間ゴアテックス+鼻プロテーゼ(あるいはゴアテックス)+鼻中隔延長術をやることになり、1,500,000円くらいかかった」と言います。そのような方をナチュラルに修正する場合、ゴアテックスやプロテーゼなどを全て除去し、鼻中隔に継ぎ足した軟骨を適度に削り、程よい高さのシリコンプロテーゼを挿入します。修正をすれば、皆さん満足してくださるのですが、手術が二度手間になるし、トータルで莫大な費用がかかってしまいます。

それに、鼻中隔延長術は過度に鼻先を延ばそうとすると、将来、鼻先の皮膚に負担がかかったり、鼻が曲がってしまうことがあります。最初から当院で手術していれば一回の手術で済んだし、費用も350,000円だけで済んだのです。何故、最初の美容外科クリニックでそのような大掛かりな手術をして、西洋人のような高すぎる鼻にしてしまったのかというと、それはそこの美容外科クリニックの医師のセンス、個人的な好みとカウンセリング不足にあると思います。 美容外科医というのは手術のときに、その美容外科医の好みの顔にしてしまうということがおうおうにしてあるのです。

例えば、西洋人の女性が好きな医者は自分の患者を全て西洋人顔にしてしまおうとするし、下膨れのぽっちゃりとした顔の女性が好きな医者は、ヒアルロン酸を頬に大量に注射して「可愛くなりましたよー」なんて言うし、巨乳好きの医者は何でもかんでも巨大なプロテーゼで豊胸しようとします。たしかに、ヒアルロン酸を頬に大量に注入する美容外科医は、いつも下膨れのぽっちゃりとした顔の女性とお付き合いしているのです。

高すぎるくらいの鼻を手術でつくって、たまたまその人が西洋人顔になりたかった人だったら、患者様は大満足なのですが、日本人のほとんどの人はナチュラルな鼻を望むのです。高須クリニックでは、医師の好みが手術結果に反映されないように、手術前のカウンセリングで患者様の好みを聞き出すことを徹底しています。手術結果が、担当医の好みの顔ではなく、患者様の好みの顔に仕上がるようにしていますのでご安心下さい

症例写真
■鼻中隔延長


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大