顔の施術について

二重の人がその二重ラインで切開して眼瞼下垂手術をすると、目を開けたときの二重の幅は狭くなります

眼瞼下垂手術はまぶたの開きを良くする手術なので、二重まぶたの人が、その二重のラインで切開して眼瞼下垂手術を行い、その切開線で二重を作ると、目を開けたときの二重の幅は狭くなります

二重というのは、まぶたが開くときに二重のラインで皮膚が折れ曲がり、折れ曲がった部分の上に皮膚が被さることによってできます。二重のラインを変えずにまぶたの開きが良くなれば、折れ曲がる部分が奥に引き込まれる分、折れ曲がる部分の上に皮膚が被さるようになるので、目を開けたときの二重の幅は狭くなります。

ちなみに、ここで言っている元の二重のラインというのは、天然の二重も埋没法や切開法で作った二重も同じことがいえます。そのため、目を開けたときの二重の幅が気に入っている人が、その二重のラインで切開して眼瞼下垂手術を受けると、まぶたの開きが良くなって目が大きくなった分、目を開けたときの二重の幅が狭くなってしまうということが起きます。

二重の人が眼瞼下垂手術をする場合、目を開けたときの二重の幅が狭くなってほしくないときは、二重のラインよりも上で切開して、二重を作り直す必要があります

しかし、あまり二重の幅を広くし過ぎてしまうと、そのことがまぶたを開ける妨げになってしまうこともあります。そのため、二重まぶたの人で、二重の幅を広くすることよりも、目の開きや黒目の見える面積に拘る人が眼瞼下垂手術をするときは、多少目を開けたときの二重の幅が狭くなるのを覚悟したほうが理想の目になることが多いです

また、元々眼瞼下垂気味の人が埋没法や切開法で幅広い二重を作ったことによって眠たそうな目になってしまった場合や、元々二重まぶたで眼瞼下垂があるため幅広い二重の眠たそうな目の人が、その二重のラインで切開して眼瞼下垂手術をすると、多少目を開けたときの二重の幅は狭くなりますが、目がぱっちり開いて理想の目になることが多いです

症例写真
■眼瞼下垂(がんけんかすい)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大