顔の施術について

鼻のシリコンプロテーゼは何mmの高さのものを入れる人が多いのか?


当院のシリコンプロテーゼ

鼻のシリコンプロテーゼ希望の患者様のカウンセリングのときによく、「他の人は、だいたい何mmくらいの高さのプロテーゼを入れることが多いんですか?」と御質問いただきます。私の答えは、「統計をとると3.5mmのプロテーゼを入れる人が一番多いですが、何mmのプロテーゼを入れるのが適しているのかは人それぞれです」です。

何mmのプロテーゼを入れるかは、元の鼻の高さと、どれくらい高くしたいかによって異なり、カウンセリングのときにコンピューターシミュレーションなどを行い決定します。鼻が低い人がしっかりと高くしたい場合は5.0mmのプロテーゼを入れるし、家族や職場の人になるべく気付かれずに高くしたいという人は2.5mmのプロテーゼを入れることもあります。

因みに一番低いプロテーゼは2mmのものです。一番高いプロテーゼは、特別上限はありませんが、あまり高いプロテーゼを入れると皮膚に負担がかかったり、プロテーゼの輪郭が浮き出て不自然になることがあるので、私はせいぜい6mmくらいまでにしています。

症例写真
■隆鼻術(シリコンプロテーゼ)-約3mmのプロテーゼ


(1週間後)

■隆鼻術(シリコンプロテーゼ)-約4mmのプロテーゼ


(1週間後)

■隆鼻術(シリコンプロテーゼ)-約5mmのプロテーゼ


(1週間後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大