顔の施術について

レーシックをした後、二重まぶたの手術などはいつできるのか?

よく、電話やメールのお問い合わせなどで、「先日レーシック手術を受けたのですが、埋没法や切開法などの二重の手術などはいつできますか?」と御質問いただきます。答えは、「それは、美容外科医が決めることではなく、レーシック手術をした眼科医が決めることなので、まずはレーシック手術を受けた眼科医院にお問い合わせください」です。

レーシック手術は、眼球の表面の角膜をフラップ状に剥がし、レーザーで屈折率を変えた後、剥がした角膜を元に戻すという手術です。手術後は、剥がした角膜が不安定であるため、一定期間、眼球を安静に保つ必要があります。そのため、埋没法や切開法などの二重手術、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、タレ目形成、目の下の脂肪除去、涙袋ヒアルロン酸注射などの目の周りの治療をレーシック手術後にする場合は、角膜が安定してから行わなければなりません。

レーシック手術後の場合は角膜の安定後に行う施術
  • 埋没法や切開法などの二重手術
  • 眼瞼下垂手術
  • 目頭切開
  • 目尻切開
  • 垂れ目形成
  • 目の下の脂肪除去 など

また、レーシック手術は眼科医院や機械によってやり方が違い、レーシック手術後の安静期間もそれぞれ異なるため、手術をした眼科医院でなければわからないことなのです。高須クリニックが大手レーシック医院数件に、「レーシック手術後、いつ二重手術などはできますか?」と問合せたところ、一番多かったのが、「レーシック手術して3ヶ月後」でしたが、「6ヶ月後」というところもありました

レーシック手術後、高須クリニックで目の周りの手術を希望されている方は、まずは手術を受けた眼科医院にお問い合わせくださいね。

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■眼瞼下垂(がんけんかすい)


(8ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大