顔の施術について

鼻翼(小鼻)縮小術は自然に仕上げます!

鼻翼(小鼻)縮小術は広がった小鼻を小さくして、鼻の穴を小さく目立たなくする手術です。 最近は、「正面から見て鼻の穴が見えるのが嫌なんです。」という患者様が多いので、大変ニーズが多く、正しく手術を行えばいい結果がでるので、満足度が高い手術でもあります。正面から見たときの鼻の穴を目立たなくする方法は色々な手術がありますが、この手術が最も確実に効果があります。この手術は余分な小鼻の皮膚を切除して縫い合わせる手術なので、理屈上いくらでも鼻の穴を小さくすることができます。

しかし、やればやるだけ良くなるというものでもなく、やり過ぎてしまうと極端に鼻の穴が小さくなってしまい見た目が不自然になるし、鼻で呼吸するときに息苦しくなってしまうことがあるのです。鼻の穴の横幅は最低でも8mmは残して、ある程度小鼻の丸みを残して、極端に細くて縦長の鼻の穴にならないようしなくてはなりません。この手術はやりたりない場合は追加して切除すればある程度修正できるのですが、やり過ぎてしまった場合は修正できないことが多いのです。それに、切開する位置のデザインや縫合の仕方も重要で、やり方がまずいと傷が目立ってしまうことがあります。

切開のデザインは小鼻の形にもよりますが、小鼻がそれ程外側に張ってないタイプの方はほとんど鼻の穴の中だけの切開で手術でき、小鼻が張っているタイプの方は鼻の穴の中から鼻翼溝(小鼻の外側の溝)にかけてきれいに切開して丁寧に縫合すれば傷痕はほとんどわからなくなります。しかし、切開する位置が鼻翼溝からズレていたり、小鼻の上の方まで切開してしまうと傷痕が目立ってしまいます。

軽度の方 鼻の穴の中で切開します重度の方 鼻の穴の中から小鼻の溝にかけて切開します

傷跡は鼻の穴の中と小鼻の溝にかけてつくので目立ちません

症例写真
■鼻翼(小鼻)縮小術


この手術は術後にどのようになるのかを知っていただくために、ほとんどの方に術前にコンピューターシミュレーションをするようにしています。コンピューターシミュレーションをすれば術後に自然に程よく小さな小鼻になるのが正確にわかりますので安心して手術を受けていただけると思います。

高須クリニックでは自然できれいな小鼻で、傷痕も目立たないように手術させていただきますのでご安心下さい。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大