顔の施術について

アゴにヒアルロン酸やプロテーゼを入れると、顔が長くなるのか?


アゴのヒアルロン酸注射やシリコンプロテーゼ希望の患者様のカウンセリングをしていると、「顔が縦に長くなることはありますか?」とか、「アゴが長くなって、顔が大きく見えることはありますか?」と御質問いただくことがあります。

アゴのヒアルロン酸注射やシリコンプロテーゼは、アゴがあまりない人や、口もとが出ていてアゴが引っ込んで見える人に行う治療であり、アゴ先を出すことによって綺麗なフェイスラインを作ることができます

エステティックライン(Eライン)

横顔で、鼻先と下唇とアゴ先を結んだ線が一直線になるのが理想のフェイスラインだといわれており(この線はエステティックラインとかEラインと呼ばれています)、この線が一直線になるようにアゴ先を出すことが多いです。

また、ヒアルロン酸やプロテーゼを入れる位置によって、アゴ先を前に出したり、下に出したりすることができます。

アゴを下に出せば、当然、正面から見て顔が縦に長くなることになります。

アゴを前に出す場合は、正面から見て顔が縦に長くなることはないのですが、引っ込んでいて影になっていたアゴに光が当たるようになると、なんとなく縦に長くなったように見えることがあります。

ただし、物理的に顔が縦に長くなったとしても、やり方次第では、逆に顔を小さく見せることができます。

もともとあまりアゴがない人に対してヒアルロン酸やプロテーゼを入れてアゴ先を尖らすように出すと、シャープな輪郭になり、先細り効果で顔が小さく見えます

ただし、もともとアゴが大きい人に、アゴ先を尖らすようにヒアルロン酸やプロテーゼを入れても、顔を小さく見せることはできません。

尖ったアゴ先をつくり、先細り効果で顔を小さく見せるのは、主に女性に行うことが多いですが、男性に行うこともあります。

ただし、男性でアゴがなくて、なんとなく軟弱に見られるのが嫌な人は、シャープなアゴ先を作って小顔に見せるよりも、しっかりとしたアゴを作って男らしさを強調させたほうが良い場合もあります。

症例写真
■あご注射(ヒアルロン酸)


■あご形成(シリコンプロテーゼ)


(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大