顔の施術について

目頭切開で、目頭の形を自由に作ることはできるのか?


目頭切開希望の患者様のカウンセリングをしていると、「よくネットとかで、目頭切開を失敗されて、パンチで穴を開けたような丸い目頭になっている人を見るけど、そうじゃなくて、尖った感じの目頭にすることはできますか?」とか、「目頭を切るとき、真横に広げるんじゃなくて、斜め下方向に尖るような感じで広げることはできますか?」とか、「私は目と目の間隔は広くないのですが、蒙古襞が下に突っ張っていて、つり目なのが嫌なので、目と目の間隔を変えずに蒙古襞を取って優しい感じの目にすることはできますか?」と御質問いただきます。

目頭切開は、蒙古襞を切開して、目を内側に広げる手術で、目と目の間隔が広い人に行うと効果的です

Z法、W法(内田法)、V法(平賀法)、三日月状皮膚切除法など色々な術式がありますが、目頭の形を自由に作るにはZ法が最も適しています。Z法で、蒙古襞をフラップにして、フラップをはめ込む位置を変えれば、目頭を真横に広げたり、斜め下方向に広げることが可能です。

Z法 蒙古ひだの強い人に向いています。傷跡が目立たず、回復が早いことが特徴です。
W法 蒙古ひだを完全に除去し、華やかな目にすることができます。
V法 内側に目を大きく広げることができることが特徴です。

ただし、真横に広げる場合は、かなり目と目の間隔が狭まるので、もともと目と目の間隔がそれほど広くない人が行うと、寄り目になってしまうことがあります。

人気のある芸能人やモデルは男女共に、目頭が斜め下方向に尖った感じの人が多いので、目頭切開で最も御要望が多いのは、Z法で斜め下方向に広げる手術です

Z法の場合、目頭の形は尖った感じになるので、パンチで穴を開けたような丸い目頭になることはありません。

外人(西洋人)っぽくなりたい人は、W法、Z法、V法などで、蒙古襞を除去して、目頭を真横に広げて、涙丘が完全に見えるようにすることが多いです

また、目頭切開はどの術式も少しは目が内側に広がるので、目を内側に全く広げないで、蒙古襞をなくすことはできません。

発達している蒙古襞を目立たなくしたいけど、目と目の間隔が狭くなるのが嫌な人は、Z法でわずかに蒙古襞の突っ張りを解除するくらいが良いです。

その場合、わずかに目と目の間隔は近くなりますが、つり目っぽい感じやキツネ目っぽい感じが少し解消されます。

症例写真
■目頭切開


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大