顔の施術について

唇を薄くする手術はどれくらい薄くするのが良いのか?

タラコ唇などで、唇が分厚くて悩んでいる方には、唇を薄くする手術があります。局所麻酔をして、乾いている唇と濡れている唇の境目辺りの粘膜と組織を切除して縫い合わせる手術で、上手に行えば傷跡はほとんどわからなくなります。この手術は余っている組織を切除して縫い合わせる手術なので、理屈上いくらでも薄くすることができるのですが、やればやるだけ良くなるわけではありません

では、どれくらい薄くするのが良いのでしょうか?上唇と下唇の厚みの比率は4:5が理想的だと言われていますので、なるべく4:5になるように手術するようにしていますが、患者様に特別なご要望があればご要望通りにさせていただくこともあります。

症例写真
■唇を薄く


(10日後)

20代の男性の方の症例写真。ほぼ4:5になっています。

しかし、上唇が厚すぎると出っ歯のように見えるし、下唇が厚すぎると某コメディアンのようになってしまいます。また、唇を薄くし過ぎると、薄すぎて幸薄い顔になってしまうことがあります。私はなるべくこの手術の前にはコンピューターシミュレーションをして、どれくらい薄くなるのか、患者様に確認していただいてから手術するようにしています。

あと注意しないといけないことは、唇が厚い人には、上下顎前突(上顎と下顎が前に出ている状態)の人や出っ歯の人が多いということです。上下顎前突や出っ歯の人は普段、口が閉まりにくく、口から歯が出ている人が多いので、そのような方に唇を薄くし過ぎてしまうと、余計に口が閉まりにくくなったり、歯が出やすくなってしまうのです。

そのような方は、唇を薄くする手術だけではなく、上下顎骨切り手術や歯科矯正や審美歯科的治療もするのが望ましいのですが、そういった治療は費用と時間がかかるため、まず唇を薄くする手術だけをやりたいという人が多いです。その場合、唇が薄くなりすぎない程度に手術し、それでも物足りない場合は上下顎骨切り手術や歯科矯正や審美歯科的治療をお勧めするようにしています。

高須クリニックでは、患者様に喜んでいただけるように、術前にしっかりとカウンセリングさせていただきます。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大