顔の施術について

二重まぶた切開法をした後、埋没法で二重の幅を変えることはできるのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「過去に切開法で二重を作っているのですが、埋没法で二重の幅を変えることはできますか?」とご質問いただきます。これは非常に難しい質問で、状態によってできる場合とできない場合があるので、以下に詳しく説明します。

まず、切開法の内部処理がどれだけ正しく行われているのかによって、答えが変わってきます。内部処理が正しく行われていれば、切開して作った二重は二重のラインが弱くなったり、二重がなくなってしまうことはありません(高須クリニックで二重まぶた全切開法、ミニ切開法をした方はほぼ全員こちらに当てはまります)。

しかし、内部処理が正しく行われていないと、作った二重が弱くなったり、二重がなくなってしまうことがあります(他院で正しい手術が行われていない人はこちらに当てはまります)。内部処理が正しく行われておらず、二重が完全になくなって元に戻ってしまった人に関しては、二重まぶた切開法をしていない人とほぼ同じ条件で埋没法をすることができます。

内部処理が正しく行われておらず、二重のラインはあるが、弱くはっきりしない人に関しては、埋没法で二重の幅を広げる場合、切開法で作った二重のラインが、埋没法で作った二重のラインの下に少し残ってしまい、三重っぽくなって、綺麗な二重にならないことがあります。

同じような人に対して、切開法で作った二重よりも狭い位置に埋没法を行うことに関しては、切開法で作った二重が非常に弱い場合は、切開法のラインに埋没法のラインが勝ち、三重にならないで、埋没法で作った二重だけになりますが、切開法で作った二重のラインがそこそこ強い場合は、三重になるか、埋没法をする前とほとんど変わらない状態になります。

内部処理が正しく行われていて、綺麗な二重ができている人が、埋没法で二重の幅を広げる場合、一応広げることはできますが、埋没法で作った二重のラインよりも切開法で作った二重が強いため、綺麗なラインにはならず、三重になることが多いです。

同じような人に対して、切開法で作った二重のラインよりも狭い位置に埋没法をする場合は、ほとんど無意味です。切開法で作った二重のラインが強いため、ほとんど変わらないか、切開法で作った二重のラインが汚く崩れるかのどちらかになります。

また、切開法で内部処理が正しく行われている場合も、正しく行われていない場合も、埋没法で二重の幅を変えると、切開法をしていない人に埋没法を行う場合に比べて、埋没法の二重が狭くなっていったり、二重のラインが弱くなって元に戻りやすくなります。それは、埋没法で作った二重が、切開法で作った二重に負けて、埋没法で作った二重がなくなりやすいからです。

以上の理由で、切開法で作った二重の幅を埋没法で変えることはケースバイケースで可能なことはありますが、切開法をしていない人に埋没法をする場合に比べて、埋没法の二重が戻りやすいです。そのため、切開法で作った二重の幅を変えたい場合は、切開法で修正して二重の幅を変えることのほうがお勧めです

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大