顔の施術について

二重まぶた手術は、二重の幅を広げるほどまつ毛の生え際は見えなくなる

最近、10~30代女性の二重まぶた手術希望の患者様のカウンセリングをしていると、「まつ毛の生え際が見える二重にしたいんです」とか、「幅広の二重にしたいけど、まつ毛の生え際が見えないのは嫌なんです」とおっしゃる方が多いです。

埋没法、ミニ切開法、全切開法、上まぶたたるみ取り、眼瞼下垂手術のどの手術でも、二重の幅を広くすれば、まつ毛の生え際が見えなくなることがあります。二重の幅が広いと、目を開けた状態で、二重のラインの下の皮膚がまつ毛の生え際に被さるようになるため、必然的にまつ毛の生え際が隠れてしまいます

元のまぶたの皮膚の厚みなどにもよりますが、目を開けた状態で二重の幅が2~3mm以上になるようにデザインして手術すると、ほとんどの人がまつ毛の生え際は見えなくなります。そのため、まつ毛の生え際が見える二重に拘りのある方は、幅の広い二重を諦めて、目を開けた状態で幅が1.5mm以下の二重にする必要があります。

どうしても幅の広い二重を諦めることができない方は、多少まつ毛の生え際が見えなくなるのを妥協しなければなりません。その場合、二重の幅を広げれば広げるだけまつ毛の生え際が隠れる傾向にあるため、二重の幅とまつ毛の生え際の隠れ具合のバランスを見ながら、重瞼棒で確認していただいて、二重幅のデザインを決定することになります。


重瞼棒によるシミュレーションの様子

時々患者様で、「幅広の平行型二重にして、尚且つ、まつ毛の生え際がしっかり見えるようにしてください」と仰る方がいますが、日本人のまぶたでそのような二重を作ることは不可能であることが多いです。幅広平行二重になりたいという方のほとんどは、自分が憧れているモデルや芸能人がいて、その人が幅広平行二重であることが多いです。

それらのモデルや芸能人達もみんな二重のラインの下の皮膚がぷっくりとして、まつ毛の生え際に被さり、まつ毛の生え際は見えていないです(すっぴんの写真を見るとよくわかります)。二重のラインの下のぷっくりした皮膚の部分に綺麗にアイラインを引き、上手につけまつ毛を付けるなどして魅力的な二重を演出しているのです。

手術で幅広平行二重を目指している方は、それらのモデルや芸能人のメイクを勉強して真似する必要があります。

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1週間後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・ミニ切開(部分切開)

(3ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・全切開法 目頭切開も施行

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大