顔の施術について

アイラインを引くと奥二重のようになってしまうのが嫌なので幅の広い二重に手術したい人へ

二重まぶた手術希望の女性患者様のカウンセリングをしているとよく、「狭い二重だと、アイラインを引いたり、マスカラつけたり、つけまつ毛したときに二重の幅が見えなくなって奥二重みたいになるのが嫌なんです」「アイライン引いたり、マスカラつけたり、つけまつ毛しても、ちゃんと二重の幅が見えるような二重にしてください」と御要望いただきます。彼女達の多くは、「狭い二重だと、すっぴんのときは二重の幅が見えるので良いが、化粧をすると二重の幅が見えなくなるので嫌」という意見です。

このような御要望をされる患者様は数年前から徐々に増えてきました。何故数年前から増えてきたのかというと、日本の女性が化粧などで小さい目を大きく見せる技術というのは、ここ数年で急激に進歩し、浸透してきたからです。まつ毛エクステ、カラコン、リファインなどが浸透したのも数年前からだし、ファッション雑誌などでデカ目に見せる方法などの特集もよく見られます。

アイラインの幅+α
アイラインを引いても二重の幅が見えるためには目を開いた状態でアイラインの幅+αの二重幅が必要

アイラインを引いても二重の幅が見えるようにするには、例えば、アイラインを1mmの幅で引いて、目を開けた状態で二重の幅の肌色の部分(アイラインを引いた部分の上の部分)が1mm見えてほしいのであれば、目を開けた状態で二重の幅が2mm見えるようにデザインして手術する必要があるということになります。目を開けた状態でアイラインの幅+αの二重幅を作らなくてはならないため、アイラインを幅広く描く人ほど幅の広い二重を作る必要があります。となると、派手なアイメイクをした状態なら、ほとんどの人は問題ありませんが、元のまぶたが分厚い人だと、幅の広い二重を作った場合、すっぴんの目が不自然になることが多いです。元のまぶたが薄い人が埋没法やミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術などで幅の広い二重を作った場合は、アイメイクしたときもすっぴんのときも自然に仕上がることが多いです。

しかし、元のまぶたが分厚い人が埋没法やミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術などで幅の広い二重を作ると、目を開けた状態で二重のラインの下の皮膚がぷっくりと膨らんだり、目を閉じた状態で傷が食い込んで目立ったりすることがあります。元のまぶたが分厚い人は、眼窩内脂肪やROOFを切除すれば、ある程度まぶたを薄くすることは可能ですが、元々まぶたが薄い人ほど薄くすることは物理的に不可能です。そのため、元のまぶたが分厚い人が、アイラインを引いても奥二重のように見えないように幅の広い二重にすると、化粧をしたときは良くても、すっぴんの目が不自然になってしまうことが多いです

元のまぶたが分厚い人を確実に自然な二重にする場合は、奥二重か、せいぜい目を開けた状態で1mmくらいの幅の二重にしなければなりません。そうすると当然、アイラインを引いてもはっきりと幅の見える二重にはなりません。元のまぶたが分厚い人が、どうしてもアイラインを引いてもはっきり幅の見える二重にしたければ、少し不自然になるのを覚悟して二重の幅を広くする必要があります。その場合、幅を広くすればするほどより不自然になるので、重瞼棒で確認しながら、自分の納得のいく幅で妥協していただくことになります

ただし、「化粧したときの目が良ければすっぴんの目はどうでも良い」という意見の人は、最初から自分の納得のいく幅で二重を作っても大丈夫です。

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・ミニ切開(部分切開)

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大