顔の施術について

黒目を大きくする手術はあるのか?眼瞼下垂手術や目頭切開などで黒目は大きくなるのか?

目の手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「黒目を大きくする手術はありますか?」「黒目を大きく見せる手術はありますか?」「ネットに目頭切開をすると黒目が大きく見えるって書いてあったのですが、本当ですか?」「眼瞼下垂手術をすると黒目は大きくなりますか?」などと御質問いただきます。私の答えは、「手術で黒目自体を大きくすることはできませんが、目元の手術を行うことにより、黒目の見える面積を増やすことはできます」です。

まず、手術で黒目自体を大きくすることは不可能です。黒目自体を大きくしたいのであれば、大きめのカラーコンタクトやディファインのコンタクトするしかありません。ただし、目元の手術を行うことにより、まぶたの開きが良くなれば、黒目の見える面積が大きくなり、黒目を大きく見せることができます

例えば、一重まぶたの人が埋没法or切開法で幅が広すぎない二重を作れば、被さっているまぶたの皮膚が上がるため、黒目の見える面積が大きくなります。眼瞼下垂手術を行い、まぶたの開きを良くすれば、黒目の見える面積は大きくなります。上眼瞼リフト、二重のラインで切開する上まぶたのたるみ取りでも、黒目に被さっているまぶたの皮膚が上に上がるようにするデザインで行う場合は、黒目の見える面積は大きくなります。タレ目形成をして、黒目の外側だけでなく黒目の真下の部分を下げた場合は、黒目の見える面積が大きくなります(ただし、術前から黒目の下の部分が完全に見えている人や下三泊眼の人は変わりません)。

目頭切開に関しては、蒙古襞が強く張っている人に大きく目頭切開をした場合は、黒目の見える面積が大きくなることがありますが、わずかに目頭切開をした場合や蒙古襞が強く張っていない人に目頭切開をした場合は、黒目の見える面積は変わらないことが多いです。目尻切開に関しては、黒目の見える面積が大きくなることはほとんどありません。涙袋をヒアルロン酸注射などで作っても、黒目の見える面積は変わりません。

症例写真
■眼瞼下垂(がんけんかすい) 目頭切開も施行

(6ヶ月後)

■二重まぶた・ミニ切開(部分切開)

(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大