顔の施術について

二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術をした後、広すぎる二重幅を狭くする修正手術はどのようにするのか?

二重まぶたミニ切開法(部分切開法、小切開法)、全切開法、眼瞼下垂手術などをして幅の広い二重を作った後、幅を狭くしたいという方がときどきいらっしゃいます。

幅を狭くしたい理由は、「他院で二重まぶた切開法をしたんだけど、希望した二重より広くされてしまった」「幅の広い二重に憧れていて、切開法で幅広二重を作ったけど、実際にやってみたら自分に似合わないことがわかったから」「二重の幅を広くしすぎて、かえって眠たそうな目になってしまったから」「幅広二重にして最初は気に入っていたが、家族や友人に『整形っぽくて不自然だよ』と言われて、その言葉がどうしても引っ掛って気になるようになってしまったから」などです。

私に関しては、二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術で作った幅広い二重を狭く修正する場合、2種類の方法を用います。

1つは前回の手術の切開線を含めて切開線のまつ毛側の皮膚を切除し、前回の手術の二重のラインより狭い二重を作り直す方法で、もう1つは眼瞼下垂手術を行い、まぶたの開きを良くすることにより、目を開けた状態での二重の幅を狭くする方法です。患者様のまぶたの状態を診て、どちらの方法で行うか、あるいは両方の方法を組み合わせて行うかをカウンセリングで話し合って決めることになります。ただし、前回の手術の術式や患者様のまぶたの状態によっては、2つの手術方法のどちらか、あるいは両方の手術方法とも、することができないことがあります。

皮膚を切除して幅を狭く修正する手術に関しては、皮膚を切除し過ぎると、まぶたを閉じることができなくなるという問題点があります。そのため、前回の手術で皮膚を切除していると、修正手術であまり皮膚を切除することができず、幅を狭くする量を制限されてしまうことがあります。場合によっては、前回の手術で大量に皮膚を切除されており、これ以上皮膚を切除すると目を閉じることができなくなってしまうことが予想され、皮膚を切除して幅を狭く修正する手術が全くできないことがあります。また、前回の手術でかなり幅を広く作っている場合は、皮膚を切除できても、希望する幅まで狭くすることができないことがあります。

眼瞼下垂手術を行い幅を狭く修正する場合に関しては、まぶたの開きを大きくすればするだけ目を開けた状態での二重の幅は狭くなりますが、まぶたの開きを大きくし過ぎると、ビックリ目やギョロ目のようなきつい目になってしまったり、黒目の上の白目が見えてしまう上三白眼になってしまうことがあります。そのため、もともとまぶたの開きが良い人が切開法で幅の広い二重を作った場合や、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くし、同時に幅の広い二重を作った場合は、眼瞼下垂手術でさらにまぶたの開きを良くしてしまうと、開きすぎて不自然になってしまうことがあります。

いずれにせよ、しっかり診察して、どのような修正手術が可能であるか見極め、どうするのが一番良いかカウンセリングで決めることになりますが、状態によっては全く修正手術ができないことも稀にあります。

症例写真
■他院で受けた全切開二重手術を眼瞼下垂(がんけんかすい)手術で修正


(4ヶ月後)

■他院で受けた二重まぶた全切開法を修正

(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大