顔の施術について

二重まぶた埋没法、切開法などの目元の手術をして眼科医の診察を受けると手術したことはバレるのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「過去に埋没法で二重にしているのですが、眼科の診察を受けるときにまぶたをひっくり返すと、手術していることはバレてしまいますか?」「過去に切開法で二重を作っていますが、眼科医の診察を受けると、手術していることはバレてしまいますか?」「目頭切開、目尻切開、タレ目形成、眼瞼下垂手術などの目元の手術をしていると、眼科医の診察を受けたときにバレてしまいますか?」「コンタクトレンズを新しく買うときに眼科医の診察を受けないといけないんですが、そのときに目の整形をしていることはバレてしまいますか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「コンタクトレンズを買うときや目の病気などで眼科にかかる場合は、基本的に目元の手術をしていることは申告しなければなりません。もし申告せずに診察を受けた場合は、バレる可能性はあります。」です。

基本的に眼科医の診察を受けるときに、目元の手術をしていることは申告しなければなりません。そもそも眼科医が診察するということは、目に異常がないか調べるということなので、過去に目元の手術をしていることを伝えるのは当たり前のことだし、たいていの場合は過去に目元の手術をしているかどうか、問診で質問されることが多いです。もし申告しなかった場合は、バレる可能性もあればバレない可能性もあります。

埋没法に関しては、診察のときにまぶたをひっくり返すとバレる可能性は高いですが、まぶたをひっくり返さなければバレない可能性もあります。埋没法は瞼板法にせよ挙筋法にせよ、まぶたの裏側から糸を通すので、まぶたの裏側に埋没法をした痕跡(こんせき)が残ります。たまたま眼科医がまぶたの裏側の糸を通した痕跡に気付かなければバレませんが、気付かれてバレる可能性のほうが高いです。

二重まぶたミニ切開法、全切開法、目頭切開、目尻切開、眼瞼下垂手術などの埋没法以外の目元の手術に関しては、手術の仕上がりが自然であればバレない可能性もありますが、明らかな整形バレバレの仕上がりであれば当然バレる可能性があります。自然なデザインで、傷がわからないくらい綺麗であれば、バレない可能性がありますが、美容整形に精通している眼科医であれば、それでもバレてしまう可能性はあります。

また、埋没法以外のこれらの手術は、通常上まぶたの裏側から糸を通したりすることはないので、まぶたをひっくり返して見ても、まぶたの裏側に痕跡は残っていないので、それによってバレるということはありません。ただし、他院で行われた二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術などでは、術式の違いや手術のやり方が悪いことなどによって、まぶたの裏側に糸が出たり、変形していることがあるので、それによってバレる可能性はあります(高須クリニックの手術では通常そのようなことはありません)。

タレ目形成や下まぶたの脂肪除去に関しては、下まぶたの裏側から操作する手術であるため、下まぶたをひっくり返してみれば、手術の痕跡がみえることがあり、それによってバレる可能性がありますが、これらの手術の下まぶたの裏側の痕跡はそれほど目立たないため、バレない可能性もあります。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大