顔の施術について

バッカルファット除去をして、頬がこけたり、余計に顔がたるんで老けたりするリスクはあるのか?

バッカルファット除去希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「バッカルファットをとると頬がこけるってネットに書いてあったのですが、本当ですか?」「バッカルファットをとると顔がたるんで老けるってネットに書いてあったのですが、本当ですか?」などと御質問いただきます。
私の答えは、「手術が上手な医者がバッカルファットを適量とれば、小顔効果と若返り効果、老化予防効果があり、頬がこけたり、たるんだりすることはありません」「しかし、手術があまり上手ではない医者が、必要以上にバッカルファットをとりすぎてしまうと、頬がこけたり、たるんだりする可能性は0ではありません」です。

バッカルファットはコメカミから頬の中央~下の部分の奥の方にある脂肪の塊で、頬の膨らみやたるみの原因になります。その人の顔にとって適量の脂肪をとれば、適度な小顔効果があり、将来バッカルファットが下垂してブルドッグのように頬がたるむのを予防します。とった脂肪の量が適量であれば、バッカルファットをとったことによって、将来頬がこけたり、たるんだりすることもありません。

しかし、バッカルファットを除去する手術は比較的難易度が高いので、手術経験の浅い医者や不器用でセンスのない医者が手術した場合は、バッカルファットをとりすぎることにより、頬がこけたり、たるんだりする可能性が0ではありません。バッカルファットはコメカミから頬の下の方にかけて、広い範囲に存在します。余分に頬にたるんでいる部分や、将来たるんでくるであろうと思われる部分だけを的確に除去すれば良いのですが、それ以上とりすぎてしまうと、頬骨の下のボリュームが必要な部分のバッカルファットまでなくなってしまい、頬がこけたり、たるんだりしてしまいます。

どんな手術も、正しく行えば良い結果になるし、正しく行わなければ悪い結果になる

バッカルファット除去手術にせよ、他の手術にせよ、正しく行えば良い結果になるし、正しく行わなければ悪い結果になります。バッカルファット除去手術は、その人の顔に合った量の脂肪を的確に除去すれば、適度な小顔効果と若返り効果、老化予防効果がありますが、とりすぎてしまうと、頬がこけたり老けてしまうリスクがあります。

それ以外の手術、例えば脂肪吸引などでも、手術が上手でセンスのある医者が行えば良い結果になりますが、脂肪をとりすぎてしまうと、とったところが凸凹になってしまったり、段差になってしまいます。鼻のシリコンプロテーゼでも、その人の鼻に合ったプロテーゼを上手に骨膜下に入れれば、自然で綺麗な鼻になり、グラグラ動くことはありませんが、その人の鼻に合っていないプロテーゼを皮下に入れられてしまえば、整形まるわかりの不自然な鼻になり、グラグラ動いてしまいます。

もし、ネット上に、「バッカルファットをとったら頬がこけてしまった」「バッカルファットをとったら頬がたるんで老けてしまった」という書き込みがあったら、その人は手術が上手ではない医者にバッカルファットをとられ過ぎてしまった可能性が高いです

症例写真


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大