顔の施術について

二重まぶた埋没法、切開法などの目元の手術のあと、いつから目薬をしてよいのか?

二重まぶた埋没法、切開法などの目元の手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「手術したあと、いつから目薬をしていいですか?」と御質問いただきます。

私の答えは、「刺激のないタイプの目薬なら、どの手術でも直後からしていただいて構いません」「刺激のあるタイプの目薬は、二重まぶた埋没法、ミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、タレ目形成、上まぶたたるみ取り、下まぶたたるみ取り、下まぶた脂肪除去のあとは1週間やめてください」「涙袋や上まぶた、下まぶたへのヒアルロン酸注射のあとは、刺激のあるタイプの目薬でも直後からしていただいて大丈夫です」です。

ここでいう「刺激のないタイプの目薬」というのは、ドライアイの人が涙の補充のために使用するタイプの目薬でスーっとするような刺激のないタイプのものや、眼科で処方される抗生剤の点眼薬や、ヒアレイン点眼などのことです。基本的にスーっとするような爽快感のないタイプの目薬です。「刺激のあるタイプの目薬」というのは、スーっとする爽快感があるタイプの目薬のことで、よくCMで、「キターー」とやっているものなどです。

目元の手術をして間もないときに、刺激のあるタイプの目薬をしてしまうと、まだ炎症のある粘膜や傷口を刺激してしまい、痛みが強く出たり、腫れが強くなる可能性があります。もしも使っている目薬が刺激のないタイプなのか、刺激のあるタイプなのか分からない場合は、診察の際に医師におたずねください。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大