顔の施術について

眼瞼下垂手術をして、まぶたが開き過ぎてビックリ目や上三白眼やキツい目になることはあるのか?

眼瞼下垂手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「眼瞼下垂手術をするとまぶたが開き過ぎてビックリ目になったりキツい目になることがあるってネットに書いてあったのですが、本当ですか?」「眼瞼下垂手術をすると黒目の上の白目が見えてしまい、上三白眼になることがあるって友達に聞いたのですが、本当ですか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「通常、眼瞼下垂手術は、患者様のご希望に合わせて、普通に目を開けた状態で黒目が7~9割程度見えるようにすることが多いです。正しく手術が行われれば、ビックリ目になったりキツい目になったり上三白眼になることはありません。」です。

普通に目を開けた状態で黒目が100%見えていると、ビックリ目やキツい目になることが多いです。100%超見えていると、黒目の上の白目が見えて、上三白眼になってしまい、かなりのビックリ目になってしまいます。普通に目を開けて黒目が90%程度見えている人でも、目力を入れてぐっと目を開くと、黒目の上の白目が見えて、上三白眼になる場合もあります。そのため、眼瞼下垂手術希望の患者で、ビックリ目、キツい目、上三白眼になりたくない方は、普通に目を開けて黒目が7~8割程度見えるようにすることをおすすめします。
ただし、最近の若い患者様の中には、「黒目が100%見えるようにしてほしい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

また、「大きめのカラコンをした状態で、黒目が90%見えるようにしてほしい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。大きめのカラコンをして黒目が90%見える状態だと、カラコンを外した状態で黒目が100%超見えることになるので、カラコンを外した状態は上三白眼になり、ビックリ目やかなりキツい目になってしまいます。そのため、カラコンをした状態で黒目が90%見えるような目にする場合は、カラコンを外した顔を捨てる覚悟が必要であり、人に会うときは常にカラコンをして会わなければならなくなります。

また、黒目が100%あるいは100%超見える目は、人によっては手術で作れないことがあります。挙筋機能(まぶたを開ける力)が生まれつき弱い人は、眼瞼下垂手術で挙筋を前転・短縮をさせて、元の目よりは開くようになっても、100%までは黒目を出せないことがあるのです。また、挙筋機能が弱い人に無理やり黒目をたくさん見えるようにしようとすると、短縮し過ぎた眼瞼挙筋がつっぱり、完全に目が閉じれなくなってしまうことがあるので、無理をせず、その人に合った量を短縮させることが大切です。

症例写真
■眼瞼下垂(がんけんかすい)


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大