顔の施術について

上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)の傷痕は目立つのか?

目元の手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「眉下切開での上まぶたたるみ取りは傷痕が目立つってネットに書き込みがあったんですが、本当ですか?」「よそのクリニックにカウンセリングに行ったら、そこの先生はやたらと眉下切開を勧めてきて、傷痕はほとんど目立たないって言うんですが、本当ですか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「患者様によって、傷痕がほとんどわからなくなる人もいれば、傷痕が目立つ人もいます」です。

上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)は、眉の下のラインで、眉毛の生え際ぎりぎりで皮膚を切除して上まぶたのたるみを取る手術です。目の印象をあまり変えることなくたるみを取って、すっきりさせることができ、被さりを取ることにより目を大きくしたり、若々しい目にすることができます。

上眼瞼リフト
  • ・目の形を変えずにたるみだけを取ることが可能
  • ・眉の下で切開し、たるみを引き上げ余分な皮膚や脂肪を切除して縫い合わせることで若々しい目にすることが可能
※元々二重の方は二重のままで、一重の方は一重のままでたるみを除去します。

また、二重まぶたの人に行うと、目の印象をあまり変えることなく、僅かに二重の幅を広げたり、たるみを取ることができます

傷痕がほとんどわからなくなる人は、眉毛が濃く、外側までしっかり生えている人と、眉のアートメイクを入れている人です。
逆に傷痕が目立つ人は、眉毛が薄い人や、眉毛が眉頭の部分しかなく、眉尻まで生えていない人です。

上眼瞼リフトは、外側のたるみを取るために、眉尻の一番外側くらいまで切開する必要があるので、眉毛が薄い人や、眉尻まで生えていない人は傷痕があらわになり、目立ちやすい傾向にあります。

眉が濃い人は、傷痕が眉の真下にくるため、上手な医者が丁寧に縫合すると、ほとんど傷痕はわからなくなります。眉のアートメイクが入っている人は、アートメイクの下縁で切開するため、この場合も上手な医者が丁寧に縫合すると、ほとんど傷痕はわからなくなります。

高須クリニックでは、カウンセリング時に、傷痕が目立ちやすいかどうかを見極め、最善の方法をお勧めするので、ご安心ください

症例写真
■上まぶたたるみ取り・上眼瞼リフト

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大