顔の施術について

二重まぶた切開法術後の目を閉じたときの傷の窪みに対して脂肪移植で修正手術するのは効果あるのか?

他院で二重まぶた全切開法や部分切開法をした人や、厚いまぶたに無理して幅広い二重を切開法で作って、目を閉じた状態で傷が窪んで目立っている人が、修正手術希望でいらした場合によく、「目を閉じた状態で傷が窪んでいるのを治したいのですが、よその美容外科クリニックにカウンセリングに行ったら、そこの先生は脂肪移植で修正するのがいいといっていました。先生はどう思われますか?」「ネットで色々検索していたら、二重まぶた切開法の後の目を閉じた状態で傷が食い込んで窪んでいるのを治す修正手術に、窪んでいる部分に脂肪を注入して平らにする手術があるということを知りました。先生はこの手術をどう思われますか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「二重まぶた切開法の後の傷の窪みに対して脂肪注入や脂肪移植をする修正手術は結果がよくないので、私はおすすめしません」「傷の食い込みや窪みに対しては、シンプルに窪んでいる部分の皮膚を切除して丁寧に縫合する手術や、皮膚を切除して幅を狭くする手術をおすすめします」です。

脂肪注入や脂肪移植は、脂肪がそのまま綺麗に生着して、そこに残るとは限らず、不均一に生着することがあります。上まぶたのような皮膚の薄いところの、癒着して傷が食い込んで窪んでいるような部位には、綺麗に生着する可能性は低く、むしろ不均一に生着して、凸凹になり、かえって汚くなるリスクが高いです。脂肪が不均一に生着した場合、更にそれを修正して綺麗にするのは、困難を極めます。

本来、脂肪注入や脂肪移植という手術は、頬やコメカミなどの窪みを比較的大雑把に膨らませてボリュームを出すのにはむいていますが、まぶたの傷の窪みなどのような繊細で微妙な修正手術にはむいていません。

私の外来に、他院で二重まぶた切開法術後の傷の窪みに対して脂肪移植や脂肪注入を受けた後の患者様がときどきいらっしゃいますが、ほとんど変わっていない人や、余計に悪くなった人はいらっしゃいますが、良くなったという人は見たことがありません。中には脂肪注入や脂肪移植で傷の窪みが良くなった人もいるのかもしれませんが、非常にリスクの高い手術であるし、他にもっと良い方法があるので、私個人の意見としてはおすすめしません。

症例写真
■他院で受けた全切開二重手術を眼瞼下垂(がんけんかすい)手術で修正


▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術前


術前の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後


手術直後の目を閉じた状態

1ヶ月後

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
4ヶ月後


4ヶ月後の目を閉じた状態

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大