顔の施術について

タレ目形成手術(グラマラスライン、下眼瞼下制術)をして、後戻りすることはあるのか?

タレ目形成手術(グラマラスライン、下眼瞼下制術)希望の患者様のカウンセリングをしているとときどき、「タレ目形成手術をして、後戻りすることはありますか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「タレ目形成手術(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、正しい術式で、正確に手術をすれば、後戻りすることはありませんが、正しくない術式で手術した場合や、正しい術式でも正確に手術しなかった場合は、後戻りすることがあります」「高須クリニックのタレ目形成手術は、後戻りしない正しい術式で正確に手術をするので、後戻りすることはありません」です。

タレ目形成手術(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、正しい術式で、正確に手術をすれば、後戻りすることはありません

私がタレ目形成手術をする場合は、まつ毛の生え際のギリギリ下で余分な皮膚を切除し、CPFを縫縮し、下まぶたの外側が下がるようにします。この術式で正確に手術をすれば、後戻りすることはまずありません。

ただし、タレ目形成手術をして、1ヶ月くらいの間は、術後の微妙な腫れなどによって、予定より下まぶたの外側が下がっていることが多いです。その場合、腫れが引くと、下がっていた下まぶたの外側は予定の位置におさまります。

一方、正しくない術式で手術した場合や、正しい術式でも正確に手術しなかった場合は、本当に後戻りすることがあります。

例えば、皮膚側や結膜側(裏側)を切開しないで、糸だけでやる方法では後戻りすることが多いです。

皮膚側や結膜側を切開して、CPFを露出させ、正しく縫縮やタッキングすれば、後戻りは起こらないのですが、その操作を怠り、糸だけで行えば、いずれ糸は緩み、後戻りを起こすことになります。

皮膚側や結膜側を切開して、CPFを縫縮する術式であっても、正しく正確にその操作を行うことができなければ、効果が不十分であったり、術後に後戻りを起こすことがあります。

高須クリニックでは、基本的に後戻りを起こさない術式で、丁寧に正確な手術を行いますのでご安心ください

症例写真
■垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)


(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大