顔の施術について

ヒアルロン酸やプロテーゼで鼻を高くすると目が寄ることはあるのか?

目や鼻のカウンセリングのときによく、「ヒアルロン酸やプロテーゼで鼻を高くすると目が内側に寄ることはありますか?」と質問されます。私の答えは、「普通に高くする分には目が内側に寄ることはありませんが、目の錯覚で寄ったように見えることもあります」です。

ヒアルロン酸でもプロテーゼでも、極端に鼻根部(鼻の目と目の間の部分)を高くすれば、目頭部分の皮膚が引っ張られて、目が内側に寄るということも稀にありますが、そんなに鼻を高くするのは確実に見た目が不自然になるので、通常はありえないことと考えていただければ良いです。

ただし、ヒアルロン酸やプロテーゼで鼻根部を普通に(0.5~6.0mmくらい)高くした場合、物理的には目は内側に寄らないのですが、目の錯覚で目が寄ったように見えることがあります。特に鼻根部の高さがほとんどなく、目と目の間が平らな人は目が離れて見えるのですが、そういった人にヒアルロン酸やプロテーゼで鼻根部を高くすると、目が内側に大きくなったように見えて喜ばれることがあります。目と目の間がまっ平らだと一般的に目が離れて見えるのですが、目と目の間が高くなると、目の錯覚で目が内側に大きくなったように見えるのです。

でも不思議なことに、もともと目が寄っている人の鼻根部をヒアルロン酸やプロテーゼで高くしても、目の錯覚で目がより内側に寄って見えるということはありませんので心配ありません。

症例写真
■隆鼻注射(ヒアルロン酸注射) なみだ袋形成も施行


鼻根部(鼻の目と目の間の部分)がやや低く、目と目が離れて見えたので、ヒアルロン酸を1本(1cc)注入しました。鼻根部が高くなったことによって綺麗に鼻筋が通り、目が離れて見えていたのが少し解消しました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大