顔の施術について

眼瞼下垂手術で同時に二重の幅を広くし過ぎると黒目の上に皮膚が被り、まぶたの開きがよくならなくなる

眼瞼下垂手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「眼瞼下垂手術をして、まぶたの開きを良くして、同時に二重の幅を広げることはできますか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「眼瞼下垂手術をするときに、同時に二重の幅を広げることは可能ですが、あまり二重の幅を広げ過ぎると、まぶたの開きが良くならないことがあります」です。

眼瞼下垂手術は通常、まぶたの皮膚を切開し、まぶたを開ける筋肉である上眼瞼挙筋の挙筋腱膜を瞼板に前転固定、短縮させ、まぶたの開きを良くし、目を大きくする手術です。まぶたの皮膚を切開する手術であり、同時に二重まぶた切開法をすることができるので、二重のラインを作りたい位置でまぶたの皮膚を切開すれば希望の幅で二重を作ることができます。

しかし、あまり二重の幅を広げ過ぎてしまうと、二重のラインの下の皮膚がぷっくりと膨らみ、まつ毛の生え際や黒目の上に覆い被さり、まぶたの開きがあまり良くならないことがあります(二重まぶた埋没法orミニ切開法or全切開法で、二重の幅を広くし過ぎると、かえって眠たそうな目になるのと同じ原理です)。それでも、もし、その幅広いラインで眼瞼下垂手術ではなく、二重まぶた全切開法orミニ切開法のみで二重を作った場合は、更にまぶたの開きが悪くなり、眠たそうな目になるため、眼瞼下垂手術をする価値はあります。

しかし、患者様にとっては、「眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くして、黒目の見える面積も大きくなると期待していたのに、まぶたの開きも黒目の見える面積もあまり変わらなかった」ということになってしまいます。そのため、どうしても眼瞼下垂手術と同時に二重の幅を広げたい人はやむを得ませんが、確実にまぶたの開きを良くして、黒目の見える面積を大きくしたい人は、あまり二重の幅を広げ過ぎないようにする必要があります

症例写真
■他院で受けた全切開二重手術を眼瞼下垂(がんけんかすい)手術で修正


(4ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大