顔の施術について

二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術をして、目を開けたときの二重のラインの食い込みが強く目立つことはあるのか?(目を閉じた状態の傷跡の食い込みではなく、目を開けた状態での食い込みについて)

よくメールのお問い合わせなどで、「他院で二重まぶた全切開法をしたのですが、目を開けたときの二重のラインの食い込みが強くて不自然で整形バレバレの目になってしまいました。二重まぶた全切開法をすると、誰でもこんなふうになってしまうのですか?」「眼瞼下垂手術をして目を大きくしたいのですが、眼瞼下垂手術をすると目を開けたときの二重のラインの食い込みが強くなりすぎて不自然になるとネットに書いてありましたが本当ですか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「二重まぶたミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術で二重を作る場合、その人のまぶたに合った自然な二重の幅、デザインで手術した場合は、目を開けたときの二重のラインの食い込みは、自然で程よい食い込みになります」「しかし、その人のまぶたに合っていない二重の幅、デザインで手術した場合は、目を開けたときの二重のラインの食い込みが強すぎて不自然になったり、逆に弱すぎて不自然になることがあります」です。

二重まぶたミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術は、作りたい二重のラインの位置で皮膚を切開して、その位置で内部処理をし、希望の二重を作ることになります。誰でも、その人のまぶたに一番合った二重の幅、デザインがあるので、そのラインで適切な手術を行い、二重を作った場合は、目を開けた状態で、程よい強さの自然な食い込みになります

しかし、その人のまぶたに合っていない二重の幅、デザインで手術した場合や、適切な手術が行われなかった場合は、目を開けたときの二重のラインの食い込みが強すぎて不自然になったり、逆に弱すぎて不自然になることがあります。

以下に具体例を挙げます。

〈皮膚を切除した場合〉

二重のラインで皮膚を切除すると、まぶたのまつ毛側の薄い皮膚がなくなってしまい、眉毛の厚い皮膚が残ることになります。すると、厚い皮膚が折れ曲がる厚ぼったい二重になり、食い込みが強い二重になります。また、皮膚を切除することにより、開瞼を妨げるものがなくなり、眉毛の位置も下がり、余計に食い込みが強くなります。

〈厚いまぶたの人に二重の幅を広くし過ぎた場合〉

厚いまぶたの人に幅の広い二重を作った場合は、上の方の厚いまぶたの皮膚が折れ曲がる二重になるため、厚ぼったさが強調され、食い込みの強い不自然な二重になることがあります。更に二重の幅を広げると、二重のラインで綺麗に皮膚が折れ曲がらなくなり、逆に食い込みが弱すぎて不自然になることがあります。

〈蒙古襞が発達している人に無理して平行型二重を作った場合〉

蒙古襞が発達している人に平行型二重を作る場合は、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作らなければならないため、上の方の厚いまぶたの皮膚が折れ曲がる二重になり、厚ぼったさが強調され、食い込みの強い不自然な二重になることがあります。

〈眼瞼下垂手術で極端にまぶたの開きを良くし過ぎた場合〉

眼瞼下垂手術で極端にまぶたの開きを良くし過ぎてしまうと、二重のラインが強く奥に引き込まれ、食い込みが強くなりすぎて不自然になることがあります。

症例写真
■二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

■眼瞼下垂(がんけんかすい)


(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大