顔の施術について

口元がボコッと前に出ている原因は?治すにはどのような治療をするのか?歯科矯正?上下顎骨切り手術?

よくメールのお問い合わせなどで、「私は口元がボコッと前に出ていて、友達にゴリラみたいってからかわれます。これって原因はなんですか?」「私は口元が前に出ていて、類人猿のような顔つきをしているのがコンプレックスです。美容整形で治すことはできますか?」などとご質問いただきます。

口元が前に出ているのは上下顎前突といわれ、上顎、下顎の骨が前に出ていることや、歯が前に出ていることが原因です。根本的に治すのであれば、上下左右の小臼歯を4本抜歯し、ワイヤー装置による歯科矯正で抜歯したスペースの分、前歯を後に下げるか、抜歯したスペースの分、上下顎分節骨切り手術で後に下げるかの2つの方法があります。歯科矯正の場合は、4本抜歯した後、約2年程度ワイヤー装置をつける必要があります。

上下顎分節骨切り手術は通常口腔外科などで行うかなり大掛かりな手術であり、術後は3~6ヶ月程度は強い腫れと痛みを生じます。どちらの方法も、適切な治療が行われれば、前に出ている口元が確実に後に下がりますが、長い期間、何らかの苦痛を強いられることになります(どちらの方法も高須クリニックでは行っておりません)。

前に出ている口元を短時間で目立たなくする方法に、ヒアルロン酸注射やシリコンプロテーゼで顎を前に出す治療があります。口元が前に出ている人は、相対的に下顎が後に引っ込んでいるため、ヒアルロン酸注射やシリコンプロテーゼで顎を前に出すと、口元が出ているのを目立たなくなり、綺麗な横顔になります。

また、口元が前に出ている人は、口元の両サイドに法令線の折れジワが目立って、口元が出ているのが強調されていることが多いです。折れジワ専用のヒアルロン酸を注射すると、法令線が目立たなくなり、口元が出ているのが目立たなくなることがあります。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大