顔の施術について

二重まぶたミニ切開法や全切開法をして、伏し目になったときに切開線の傷のくい込みが目立って不自然になることはあるのか?

二重まぶたミニ切開法(部分切開法、小切開法)や全切開法希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「よくネットの書き込みで、二重まぶた切開法をすると、伏し目になったときに切開線の傷の食い込みが目立って不自然になるって書いてあるんですが、本当ですか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「その人のまぶたに合った自然な幅のラインで二重まぶたミニ切開法や全切開法をした場合は、目を開けた状態の二重も自然だし、完全に目を閉じた状態や伏し目になったときも切開線の傷の食い込みが目立つこともなく自然になります」「その人のまぶたに合った自然な幅のラインよりもやや幅広いラインで二重まぶたミニ切開法や全切開法をした場合は、目を開けた状態の二重がやや不自然になります。また、完全に目を閉じた状態だとまぶたはほぼ平らになりますが、伏し目になったときに切開線の傷がくい込んでやや不自然になることがあります。」「その人のまぶたに合った自然な幅のラインよりもかなり幅広いラインで二重がミニ切開法や全切開法をした場合は、目を開けた状態の二重は不自然になります。また、完全に目を閉じた状態で切開線の傷が食い込んだり、切開線の下が窪んで不自然になり、伏し目になったときも切開線がくい込んで不自然になります。」です。

全切開の手術跡
その人のまぶたにあった自然な幅の場合は目を閉じても傷跡は目立ちません

二重まぶたミニ切開法や全切開法は、作る二重のラインの下の余分な組織を適量切除して、その部分の皮膚を瞼板前結合組織などに癒着させることにより、永久にとれない二重を作る手術です。その人のまぶたに合った自然な幅のラインで二重を作る場合は、切除する組織の量が少なくて済むので、完全に目を閉じた状態や伏し目になったときに、切開線の傷の食い込みが目立つこともなく自然になります。

しかし、その人のまぶたに合った自然な幅のラインよりも幅広いラインで切開する場合は、まぶたの上のほうの厚い部分の組織を大量に切除して癒着させる必要があるので、伏し目になったときや完全に目を閉じた状態で、切開線の部分がくい込んで、不自然に見えることがあります。そのため、元のまぶたが薄い人はある程度幅広いラインで切開しても問題ありませんが、元のまぶたが厚い人は、その人に合ったラインよりも広い幅で切開すると、伏し目になったときに切開線がくい込んで不自然に見えたり、程度が強い場合は、完全に目を閉じた状態でも切開線がくい込んだり、切開線の下の部分が窪んだりするので、注意が必要です

ただし、自分がなりたい幅広い二重になれば多少不自然になっても良いという人や、化粧したときの顔が良ければすっぴんの顔はどうでも良いという人は、幅広い二重にしても問題はありません。

症例写真
■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開、目尻切開、垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)も施行

(6ヶ月後)

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開も施行

(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大