顔の施術について

切らないで糸だけで行う方法の小鼻縮小は効果あるのか?元に戻るのか?腫れ、経過、ダウンタイムは?

広がった小鼻が悩みの患者様のカウンセリングをしているとよく、「よそのクリニックでは切らないで糸だけでやる小鼻縮小(鼻翼縮小)という手術があるんですが、高須クリニックでは切らない小鼻縮小はやってないんですか?」「切らないで糸だけでやる小鼻縮小は元に戻るってネットに書かれていたんのですが、本当ですか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「切らないで糸だけで行う小鼻縮小(鼻翼縮小)手術は、3~6ヶ月程度でほとんど元に戻ってしまうので、高須クリニックでは行っておりません」です。

切らないで糸だけで行う小鼻縮小(鼻翼縮小)手術は、局所麻酔注射をし、溶ける吸収糸あるいは溶けない非吸収糸を左右の小鼻を針で通して、引き寄せるように糸を縛って、結び目を埋め込む方法です。この手術を行えば、確かに腫れは少ないし、しばらくは小鼻が小さくなるのですが、時間の経過と共にゆっくりと元に戻っていき、3~6ヶ月程度でほとんど元の状態に戻ってしまいます。糸の力だけで左右の小鼻を引き寄せても、時間の経過と共に糸をかけた部分の組織が裂けて元に戻ってしまうため、余分な組織を切除せずに、切らずに糸だけで永久的に小鼻を小さくするのは、物理的に不可能なのです。本来、小鼻が大きい人や小鼻が横に広がっている人は、絶対的に小鼻の皮膚や皮下組織が余っているため、余っている組織を切除せずに糸だけで無理矢理引き寄せても、ひきつったような不自然な小鼻になってしまいます。

やはり、小鼻が大きい人や小鼻が横に広がって鼻の穴が大きい人は、余分な皮膚や組織を切除し、切除した部分を寄せて縫縮するべきです。ちゃんと切除すれば元に戻ることはないし、1週間程度で大きな腫れは目立たなくなるし、正しいデザインで行い、丁寧に縫合すれば、傷跡はほとんど目立たなくなります。

症例写真
■鼻翼縮小(小鼻縮小) 隆鼻注射(ヒアルロン酸注射)、耳介軟骨移植(鼻先を出す)、エラボトックス・ボツリヌストキシン注射(プチ小顔術)も施行


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大