顔の施術について

エラボトックス注射は顎関節症の治療に効果があるのか?

エラボトックス(ボツリヌストキシン)治療希望の患者様のカウンセリングをしていると時々、「顎関節症の人がエラボトックス(ボツリヌストキシン)注射をすると、顎関節症が治るってネットに書いてあったのですが本当ですか?」「私は顎関節症なんですが、エラボトックスで顎関節症は治りますか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「エラボトックス(ボツリヌストキシン)注射で顎関節症が楽になったという患者様はたくさんいらっしゃいます」です。

顎関節症は、顎関節部や咀嚼筋等の疼痛、関節音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれます。顎運動障害、顎関節痛や関節雑音などの症状があります(顎関節症の主要3症状)。その他にも、耳の痛み、耳閉感、難聴、めまい、眼精疲労といった眼や耳の症状、頭痛や首、肩のこり等のさまざまな症状を呈することがあります。

現在、はっきりとした原因はわかっていませんが、頬杖をついたり、柔らかいものしか食べないという、生活習慣が原因の一つなど様々なことが言われており、異常な開閉口運動や、ブラキシズムなどの顎に加わる異常外力、補綴物異常など様々なな原因による咬合異常や筋緊張に起因するといわれています。また、大きく開口するあくび、笑いといった日常的な動作や、歌唱、寝違え、頬杖など生活習慣や、仕事の変化と肉体的心理的ストレスの相乗作用によって起こるとされています。

エラボトックス(ボツリヌストキシン)注射は、噛む筋肉である咬筋にボトックス(ボツリヌストキシン)を注射し、咬筋を萎縮させることにより、エラの張りをとり、小顔にする治療です。エラボトックス(ボツリヌストキシン)注射で咬筋が萎縮すると、咬筋の緊張が緩和されるため、顎関節症の患者様がエラボトックス(ボツリヌストキシン)注射をすると、「開きずらかった口が開けやすくなった」「顎関節の痛みが楽になった」とおっしゃることが多いです。そのため、エラボトックス(ボツリヌストキシン)注射は、顎関節症の対症療法の1つになっています

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大