顔の施術について

小鼻縮小(鼻翼縮小)手術をすると、団子鼻が目立ってしまい、バランスが悪くなることはあるのか?

小鼻縮小(鼻翼縮小)手術希望の患者様のカウンセリングをしていると時々、「小鼻縮小(鼻翼縮小)をして小鼻を小さくすると、団子鼻が強調されて目立ってしまい、バランスが悪くなることはありますか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「元々団子鼻ではなく、鼻先の横幅は広くないが、小鼻が横に広がって鼻の穴が大きいという人に小鼻縮小(鼻翼縮小)を行った場合は、団子鼻が強調されてバランスが悪くなることはありません」「元々団子鼻で鼻先の横幅が広く、尚且つ、小鼻が横に広がっている人が、鼻尖縮小(鼻尖形成)はせずに小鼻縮小(鼻翼縮小)のみを行った場合は、団子鼻は治りませんが、手術前よりバランスの悪い鼻になることはありません」です。

小鼻縮小(鼻翼縮小)は、小鼻が横に広がって鼻の穴が大きい人に対し、余分な小鼻の皮膚や組織を切除して縫合する手術です。元々団子鼻ではなく、鼻先の横幅は広くないが、小鼻が横に広がって鼻の穴が大きいという人に小鼻縮小(鼻翼縮小)を行った場合は、団子鼻が強調されてバランスが悪くなることはありません。むしろ、その人の鼻の欠点である横に広がっている小鼻や大きな鼻の穴が改善するので、手術前よりも美しい鼻になり、バランスの良い鼻になります

一方、元々団子鼻で鼻先の横幅が広く、尚且つ、小鼻が横に広がっている人が、鼻尖縮小(鼻尖形成)はせずに小鼻縮小(鼻翼縮小)のみを行った場合は、団子鼻は治りませんが、手術前よりバランスの悪い鼻になることはありません。団子鼻であり、尚且つ、小鼻が横に広がって鼻の穴が大きい人は、「団子鼻である」「小鼻が広がっている」という2つの欠点を持っています。そのような人は、鼻尖縮小(鼻尖形成)と小鼻縮小(鼻翼縮小)の両方の手術をするのが、最もバランスの良い美しい鼻を作ることができます

予算の都合などで、鼻尖縮小(鼻尖形成)はせず、小鼻縮小(鼻翼縮小)のみを行った場合は、「小鼻が広がっている」という欠点は改善しますが、「団子鼻である」という欠点は改善しないことになります。すると、2つの欠点のうち1つの欠点は改善したため、残りの1つの欠点が気になるようになります。

しかし、それでも1つの欠点は改善しているため、手術前よりはマシな鼻になっており、手術前に比べバランスが悪い鼻になっているわけではありません。そのため、団子鼻で小鼻が広がっている人が、まず小鼻縮小(鼻翼縮小)のみを行っても、特別問題はないことが多いです。そのような場合、後から鼻尖縮小(鼻翼縮小)をすることも可能です。

症例写真
■鼻翼縮小(小鼻縮小)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大