顔の施術について

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。
ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

皮膚が伸びてる人に二重まぶた切開法をする場合について

二重まぶたのカウンセリングをしているとよく患者様から、「アイプチのやり過ぎで皮膚が伸びてしまってるんですが、切開法のときに余分な皮膚を切除してもらえますか?」とか、「私はまぶたの皮膚が伸びているように感じるのですが、切開法のときに切除してもらえますか?」と御質問いただきます。私に関しては、本当に皮膚が伸びていて切除する必要があれば切除することはあります

その場合、2cm以上の横幅で皮膚を切除する必要があるため、全切開法をすることになります(ミニ切開法では皮膚を切除することはできません)。切除する幅はだいたい2~5mmくらいです。眼瞼下垂手術をして同時に二重を作る場合でも同じです。私に関しては、その場合の料金は別途いただきません。

ただし、皮膚を切除することによるデメリットがある場合もあるので、切除するかしないかは、診察時に慎重に判断させていただきます。皮膚を切除することによるデメリットは以下の通りです。
  • 傷が長くなる。
  • 目を開けた状態での二重の幅が希望より狭くなってしまうことがある。
  • 目を開けた状態で、二重のラインの上の皮膚が厚ぼったくなることがある。
  • 術後に二重の幅を狭く修正手術したい場合に、あまり狭くできないことがある。

また、加齢によるまぶたの皮膚のたるみを切除する場合は、上まぶたのたるみ取りという手術になるので、私に関しては、余分な皮膚のたるみや脂肪の切除+二重まぶた全切開での二重作成で350,000円で行っております。

症例写真
■二重まぶた・埋没法


(1週間後)

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■眼瞼下垂(がんけんかすい)

(1ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・全切開法


(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大