顔の施術について

二重まぶた埋没法や切開法の際、手術の直前にラインや幅を変更すると、不自然な二重になることがある?

私が二重まぶた埋没法、ミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術など二重まぶたをつくる手術をする際、手術するまでの間に一連の流れがあります。まずカウンセリングで患者様が希望する二重の幅、ラインを教えてもらい、私がその患者様に合った自然な幅、ラインなどをお勧めし、最終的に二人で話し合って手術で作るラインを決定します。その際、すぐにラインが決まる患者様がいらっしゃれば、なかなかラインが決まらない患者様もいらっしゃいます。

ラインが決まったら、受付事務が患者様と手続きをし、手術承諾書にサインをしていただき、手術代金をいただきます。その後、看護師が手術台、手術器械を準備し、患者様を手術室にご案内します。患者様に手術台の上に腰掛けていただき、私がカウンセリングで決定した二重のライン、幅を重瞼棒を当てて最終確認し、デザインをして手術をします。手術後は、腫れが完全に引くと、カウンセリングで決定したライン、幅の二重になります。

しかし、非常に稀にですが、手術直前のラインの最終確認の際に、カウンセリングのときに決定した二重のラインや幅を変更しようとされる患者様がいらっしゃいます。そのような場合、私は立場上、患者様の主張を無視することはできないため、患者様の希望するライン、幅でデザインして手術することになります。すると、一部の患者様に関しては、二重まぶたの仕上がりが不自然になってしまうことがあります。

例えばこのような例があります。カウンセリングの際に患者様がなりたい芸能人やモデルさんの目の写真を出して、「二重まぶた切開法でこの人のような平行型二重になりたいです」と要求されます。しかし、その患者様のまぶたが、その写真のまぶたとかけ離れており、蒙古襞が強く発達し、まぶたの開きが悪く、皮膚が分厚く、眼球突出気味だったとします。

その場合、私は患者様に、
「あなたのまぶたは開きが悪く、皮膚が分厚く、眼球突出気味で、蒙古襞が強く発達していて、この写真の人のまぶたと土台がかけ離れています」
「あなたのまぶたで無理して平行型二重を作るとなると、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作らなければなりません」
「そうすると、二重のラインの下の皮膚がぷっくりと膨らんで、まつ毛の生え際に被さり、まぶたの開きが悪くなって、眠たそうな二重になります」
「その上、目を閉じた状態で切開の傷痕が食い込んだり、窪んで目立ってしまい、目を開けた状態の二重のラインの食い込みも強くなり、不自然で厚ぼったい二重になります」
「不自然になっててでもいいから平行型二重にしたいという御要望であれば平行型二重を作りますが、自然で自分に合っている二重にしたいのであれば、もう少し幅の狭い末広型二重にするほうが良いです」
とお話しします。

その結果、患者様は、「不自然になるのは嫌なので、先生の勧める末広型二重でお願いします」とおっしゃって、末広型二重を作ることに決定します。しかし、手術の直前に手術台の上でラインの最終確認をする際、「やっぱり平行型二重でお願いします」とラインを変更されます。患者様の御要望通り、平行型二重を作ると、手術後の結果は、手術前のカウンセリングで私がお話しした通りの不自然な平行型二重になります。患者様は自然な二重になりたかったのに、結果的に不自然な二重になってしまったので、大変悲しむことになります。

何故このようなことになってしまうのかというと、原因は二つあります。

一つは、カウンセリング当日に手術するにせよ、カウンセリングして後日手術するにせよ、医者が説明した内容やリスクを忘れてしまい、手術直前になってラインや幅を変更してしまう場合です。

もう一つは、カウンセリングで不自然になることなどのリスクの説明を受けて、当初自分が希望していたのと違うラインや幅で決定しても、手術の直前になって、「先生はあんなことを言っていたけれど、実際手術してくれたら、自分の理想の二重にしてくれるだろう」と夢と希望を膨らませてラインや幅を変更してしまう場合です。

しかし、いくら夢と希望を膨らませて手術を受けても、美容整形手術の結果は極めて現実的であるため、結果は手術前の説明通り不自然な二重になります。美容整形は健康な体にメスを入れるなどして侵襲を加えることで形を変えるもので、エステやサロンに行ったり、美容室で髪を切ったり、服屋で服やアクセサリーを買う行為とは全く異なります。美容室で髪を切って自分に似合ってなくても、しばらくすれば髪は伸びるため、また自分に似合った髪型にすることができます。服屋で自分に合っていない服を買って失敗しても、お金は無駄になってしまいますが、その失敗を糧にして、次にもっと自分に合った服を買うことができます

美容整形は、手術して自分に合っていない場合、ある程度修正手術することができることもありますが、場合によっては取り返しのつかないことになってしまうこともあります。高須クリニックでは、医者全員が、患者様の御要望になるべくお応えできるように、しっかりとカウンセリングさせていただくように心掛けております。

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(3ヶ月後)

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開も施行

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・全切開法


(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大