顔の施術について

末広型二重と平行型二重はどちらが目が大きく見えるのか?自然なのはどちら?蒙古襞との関係について

埋没法や切開法などの二重まぶた手術、目頭切開、眼瞼下垂手術などの目もとの手術のカウンセリングをしているとよく、「末広型二重と平行型二重だと、どっちが目が大きく見えますか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「一般的に平行型二重のほうが目が大きくみえます。ただし、美容整形で平行型二重を作って、自然で似合う人と不自然で似合わない人がいるので、全ての人が平行型二重にすればいいというわけではありません。」です。

ここでいっている「末広型二重」というのは、目頭側の二重のラインが蒙古襞の中へ入り込み、目頭側まで二重の幅がない目のことをいっています。また、「平行型二重」というのは、蒙古襞がなく、目頭側まで二重の幅がある状態、あるいは、目頭側の二重のラインが蒙古襞の上を乗り越えて、目頭側まで二重の幅がある状態の目のことをいっています

一般的に、二重の幅があると、目が大きく見える効果があります。そのため、目頭側まで二重の幅がある平行型二重は、目頭側に二重の幅がない末広型二重に比べ、目頭側まで目が大きく見えます。モデル、アイドル、歌手などの芸能人を見ると、末広型の人より、平行型の人のほうが、目が大きく見えることが多いです。となると、「だったら、埋没法や切開法で二重をつくるとき、平行型二重にしたほうが目が大きく見えるから、目を大きくしたい人はみんな平行型二重にすればいいのでは?」と考える人がいると思いますが、それは一概にはいえません。

日本人は大きく分けると、「末広型二重が自然で似合う人」と「平行型二重が自然で似合う人」がいます。平行型二重が自然で似合う人は、蒙古襞があまり発達しておらず、まぶたの皮膚が薄く、やや堀の深い顔立ちのタイプです(男女共通の条件です)。蒙古襞が発達していると、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作らないと平行型二重にならないため、二重の幅が広すぎて不自然になってしまうことがあります。目頭切開をして完全に蒙古襞をなくして平行型二重を作ることもできますが、その場合、目と目の距離が短くなるため、元々目と目の間隔が広い人はいいのですが、そうでない人がすると、寄り目になってしまい、キツい印象の顔になってしまうことがあります。

また、平行型二重を作るためには、ある程度二重の幅を広げなければならないため、まぶたの皮膚が薄い人なら幅を広げてもすっきりした自然な平行型二重になりやすいですが、まぶたの皮膚が厚い人が無理して二重の幅を広げると、上の方の厚い皮膚が折れ曲がる厚ぼったい二重まぶたになってしまいます。まぶたの皮膚が厚い人が無理して二重の幅を広げた場合、それ以外にも、「二重のラインの下の皮膚がぷっくりと膨らんで、まつ毛の生え際に被さり、まぶたの開きが悪くなって、眠たそうな二重になる」「埋没法だと、非常に早く糸が緩んで、幅が狭くなったり、元に戻ってしまう」「二重まぶたミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術の場合、目を閉じたときや伏し目の状態で、切開線の傷痕が食い込んだり、窪んで目立ってしまい、目を開けた状態の二重のラインの食い込みも強くなりやすい」などのリスクがあります。

これらの「平行型二重が似合う条件」から外れている人は、無理して平行型二重を作ろうとせず、末広型二重を作るほうが、自然で似合った二重になります。末広型二重であっても、それが自分の顔に合った二重であれば、無理して平行型二重を作るよりも、自然で、より可愛くorイケメンになれるのです。芸能人でも、末広型二重で可愛いorイケメンの人はたくさんいるのです。私は、二重まぶた埋没法、ミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術希望の患者様のカウンセリングをする際、末広型二重が自然で似合うタイプの人が平行型二重を希望された場合、末広型二重をすすめることが多いです

しかし、「隣の花は赤い」「隣の芝生は青い」という諺があるように、人間は、自分が持っていなくて他人が持っているものが羨ましく思う生き物です。自分にないものを他人にみようとし、他人が持っているものを手に入れれば、自分はもっと幸せになれると信じているのです。そのため、平行型二重が不自然で似合わない人ほど、手術で平行型二重を望む傾向があります。その場合、私は可能な限り、患者様の希望にそった平行型二重を作るように努力させていただきます。

症例写真
■二重まぶた埋没法で自然な末広型二重を作った症例写真

(3ヶ月後)

■目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅広い平行型二重を作った症例写真

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた全切開法で幅の広い平行型二重を作った症例写真


(6ヶ月後)

■目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を大きくした症例写真

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大