顔の施術について

耳介軟骨移植をすると、団子鼻は治るのか?鼻先が細く尖るのか?鼻尖形成(鼻尖縮小)との違いは?

鼻の手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「鼻先に耳介軟骨移植をすると、団子鼻は治りますか?」「耳介軟骨移植で鼻先を細くすることはできますか?」「耳介軟骨移植で鼻先を尖らせることはできますか?」「耳介軟骨移植と鼻尖形成(鼻尖縮小)はどう違うのですか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「団子鼻の人の鼻先に耳介軟骨移植をすると、鼻先が出る分、鼻先が細く、尖り、団子鼻が解消されます」「耳介軟骨移植は鼻先に軟骨を足す分、鼻先が出て細くなる手術で、鼻尖形成(鼻尖縮小)は元の鼻を細くして団子鼻を解消する手術です」です。

鼻先の耳介軟骨移植は、耳の穴の中や耳の後ろから軟骨を採取し、鼻の穴の中から鼻先に移植する手術です。団子鼻で鼻先が大きい人に行えば、軟骨が移植された分、鼻先が出るので、鼻先が細く尖った感じになります

一方、鼻尖形成(鼻尖縮小)は、鼻先の横に広がっている左右の大鼻翼軟骨や脂肪を切除したり、左右に広がっている大鼻翼軟骨を中央に寄せるように縫合して、鼻先を細くする手術です(団子鼻の原因は千差万別なので、元の鼻によって術式が変わります)。この手術は耳介軟骨移植のように鼻先を出すのではなく、元の鼻そのものを細くする手術です

耳介軟骨移植と鼻尖形成の違いについて


耳介軟骨移植


鼻尖形成

耳介軟骨移植と鼻尖形成(鼻尖縮小)は、どちらも団子鼻を解消させる効果がありますが、どちらを行うかは、その人の元の鼻の形、その人の希望する鼻の形によって異なり、場合よっては両方行うのが良い場合もあります。両方行う場合は、私に関しては、同時に行うこともあるし、患者様が希望されれば、まず、どちらかの手術を行い、後日、状態を見て、患者様が希望されれば、もう一方の手術をするということもあります。

症例写真
■鼻先と鼻柱基部(鼻柱の付け根)に耳介軟骨移植をした症例写真


(2ヶ月後)

■鼻尖形成+鼻翼縮小で鼻の下半分を適度に小さくした症例写真


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大