顔の施術について

小鼻(鼻翼)縮小手術の内側法と外側法の違いは?カウンセリングでどのように選択するのか?傷跡は?

小鼻(鼻翼)縮小手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「小鼻(鼻翼)縮小手術は、内側で切る方法と外側で切る方法があるそうですが、どう違うのですか?」「内側法と外側法ではどちらが綺麗になりますか?」「内側法と外側法では、どちらが傷跡が目立ちますか?」などのご質問をいただきます。

以下に、内側法、外側法、それぞれの手術術式の特徴、違い、メリット、デメリットについて詳しく説明させていただきます。

内側法について

まず、内側法というのは、主に、鼻の穴の中で余分な皮膚と組織を切除して、縫合し、小鼻の外側まで切らない方法です。この方法は、主に、「鼻の穴は大きいが、小鼻は外側に張り出していないorわずかに張り出している」という鼻の人に行います。この方法で行うと、確実に大きな鼻の穴が小さくなります。また、小鼻が外側に張り出している人にこの方法を行うと、鼻の穴の中で余分な皮膚と組織を切除して縫合した分、張り出している小鼻が内側に入るため、少し改善することになります。傷跡は鼻の穴の中から小鼻の付け根の辺りまでで、小鼻の外側まで傷跡は残りません。技術のある医者が、正しいデザインで、丁寧な手術をすれば、傷跡はほとんど分からなくなります。

外側法について

一方、外側法は、主に、小鼻の外側の余分な皮膚と組織を切除し、縫合する方法です。この方法は、主に、「小鼻が大きく外側に張り出していている」という鼻の人に行います。この方法で行うと、外側に張り出している小鼻が確実に小さくなります。小鼻の外側の溝に沿って切開するため、傷跡は小鼻の外側の溝と一致し、技術のある医者が、正しいデザインで、丁寧な手術をすれば、傷跡はほとんど分からなくなります。ただし、無理してたくさん余分な皮膚や組織を切除しようとすると、傷跡が小鼻の外側の溝のかなり上のほうまで伸びてしまいます。小鼻の外側の溝は、上のほうにいくと浅くなるため、上のほうまで切開すると傷跡が目だってしまうことがあります。無理せず正しいデザインで手術を行えば、外側法でも傷跡はほとんど分からなくなるので、心配ありません。

内側法と外側法を併用する手術術式もある

鼻の穴の中から小鼻の外側にかけて余分な皮膚と組織を切除して縫合すれば、内側法と外側法の両方の効果を得ることができます。すなわち、「鼻の穴が大きくて、小鼻が大きく外側に張り出している」という鼻の人に行えば、鼻の穴が小さくなり、張り出している小鼻も改善します。小鼻(鼻翼)縮小手術を希望する患者様の多くは、「鼻の穴が大きくて、小鼻が外側に張り出している」という鼻の人であることが多いため、実際にはこの方法で行うことが一番多いです。その場合、小鼻の外側の溝の上のほうまで切開せず、鼻の穴の中から小鼻の外側の溝の途中まで切開するデザインで行うことが多いです(傷跡はほとんど分からなくなり、鼻の穴を小さくする効果、外側に張り出している小鼻を改善する効果も大きいです)。

高須クリニックでは、担当医が患者様と丁寧にカウンセリングし、患者様の希望をお聞きし、最も適した手術術式を提案させていただくので、ご安心くださいね。

症例写真
■団子鼻で小鼻が広がっている人に小鼻(鼻翼)縮小手術のみをした症例写真


(2ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大