顔の施術について

鼻に注入されたアクアミド、アクアジェルを除去した後、シリコンプロテーゼはいつ入れられるか?


除去したアクアミドです。
(血液が混ざり赤くなっています)

鼻の診察をしているとよく、他院でアクアミド、アクアジェル、バイオアルカミドなどを鼻に注入している人が、シリコンプロテーゼを希望されることがあります。アルカミド、アクアジェル、バイオアルカミドは、ヒアルロン酸などの吸収性注入物とは異なり、非吸収性注入物です。鼻、顎、額、目の下などに注入すると、膨らんで変形したり、凸凹になるリスクが高く、その場合、吸収されないため、永久的に変形や凸凹が残ることになります。

鼻にアクアミド、アクアジェル、バイオアルカミドが注入されている人にシリコンプロテーゼを入れる場合、注入されている量が少なく、変形したりしていなければ、1回の手術でシリコンプロテーゼを入れることができます。その場合、シリコンプロテーゼ手術の通常の軟骨上~骨膜下の剥離操作の際に、ある程度、アルカミド、アクアジェル、バイオアルカミドは除去されます

一方、大量にアクアミド、アクアジェル、バイオアルカミドが注入されて、鼻がブヨブヨに膨らんで太くなっていたり、変形したりしている場合は、一旦、除去手術のみをして、落ち着いてからシリコンプロテーゼを入れることが多いです。鼻に大量のアクアミド、アクアジェル、バイオアルカミドが注入されている場合、鼻の穴の中から、エイヒという特殊なスプーンのような器具を入れ、掻き出す手術をします。その手術によって、かなりの量のアクアミド、アクアジェル、バイオアルカミドを除去することができますが、皮膚の浅い層に染み込んで癒着しているものまで除去することはできません。除去手術をした直後は、一時的に除去した部位に広いスペースができ、そのスペースが癒着して閉鎖し、ある程度腫れがおさまってからシリコンプロテーゼを入れることになります。その場合、除去手術をしてから6ヶ月以上空けて、完全に腫れが引いてからシリコンプロテーゼを入れるのが理想なのですが、患者様が早く手術を希望されたとき、私に関しては、1ヶ月くらいでシリコンプロテーゼを入れることもあります。

症例写真
■他院で鼻に注入されたアクアミドを除去した症例写真


(1週間後)


(1週間後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大