顔の施術について

鼻尖縮小(鼻尖形成)手術をすると、鼻先が上がるのか?鼻尖縮小のリスク、副作用について

鼻尖縮小(鼻尖形成)手術希望の患者様のカウンセリングをしていると時々、「鼻尖縮小すると鼻先が上がるってネットに書いてあったんですが、本当ですか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「鼻尖縮小(鼻尖形成)手術は、元の鼻によっては、手術のやり方がまずいと、パロットノーズ変形を起こし、鼻先が上がったようになってしまうことがありますが、正しい手術を行えば、鼻先が上がることはないので、ご安心ください」です。

鼻尖縮小(鼻尖形成)手術は、広がった鼻先や団子鼻を小さくする手術で、元の鼻によって、その鼻に合った手術術式を選択するのが一般的です。

主に、
①余分な鼻先の軟骨(大鼻翼軟骨の一部)と脂肪を切除する術式
②左右の大鼻翼軟骨の間の脂肪や軟部組織を切除し、軟骨同士を縫い合わせる術式
③切開しないで糸だけでやる術式(必ず後戻りするやる意味のない手術なので、高須クリニックでは行っておりません) などがあります。

①余分な鼻先の軟骨(大鼻翼軟骨の一部)と脂肪を切除する術式 ②左右の大鼻翼軟骨の間の脂肪や軟部組織を切除し、軟骨同士を縫い合わせる術式 ③切開しないで糸だけでやる術式

術後にパロットノーズ変形を起こし、鼻先が上がったようになってしまう可能性が高いのは、大きくて丸い鼻先に対し、②の左右の大鼻翼軟骨の間の脂肪や軟部組織を切除し、軟骨同士を縫い合わせる術式を行った場合や、③切開しないで糸だけでやる術式を行った場合です。
パロットノーズ変形は、ポリビーク変形とも呼ばれ、鼻尖縮小(鼻尖形成)手術の後に、オウムの鼻のような形に変形してしまう、リスク、副作用です
大きくて丸い鼻先を、正面からみて極端に細くしてしまうと、
横(側面)からみると、かえって丸く、大きくなってしまいます。

分かりやすく説明すると、ゴムボールを両手の手のひらで押し潰すと、正面からみて、ボールは細くなりますが、横(側面)からみると、ボールは丸いまま大きくなります。
大きくて丸い鼻先に、②の左右の大鼻翼軟骨の間の脂肪や軟部組織を切除し、軟骨同士を縫い合わせる術式や、③切開しないで糸だけでやる術式を行うと、それと同じ現象が起こるため、パロットノーズ変形を起こし、鼻先が上がったようにみえてしまいます。

ただし、①の、余分な鼻先の軟骨(大鼻翼軟骨の一部)と脂肪を切除する術式を行う場合や、小さい団子鼻など、元の鼻によっては、②の左右の大鼻翼軟骨の間の脂肪や軟部組織を切除して軟骨同士を縫い合わせる術式を行う場合は、術後にパロットノーズ変形は起きにくいです。

高須クリニックでは、患者様の元の状態に合わせて、最適な手術術式を選択させていただき、可能な限り、患者様の希望する鼻に近づけますので、ご安心くださいね。

症例写真
■鼻尖形成+鼻翼縮小で鼻の下半分を適度に小さくした症例写真


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大