顔の施術について

ミニ切開(部分切開)二重手術は全切開に比べて傷が目立つというのは間違い!

よく、二重まぶた手術希望の患者様のカウンセリングのときに、「ミニ切開(部分切開)だと、傷が短いから、そこだけ傷が窪んで目立つから全切開の方がいいとよその美容外科の先生に言われたんですが、本当ですか?」と質問されます。私の答えは、「正しいミニ切開をすれば、全切開よりも傷は目立ちません」です。ミニ切開も全切開も、厚いまぶたの皮膚を内部処理して薄くして、永久に取れない二重のラインを作ります。

■「ミニ切開」「全切開」施術後の傷跡

「ミニ切開」施術後の傷跡
しわと同化するので傷跡がほとんどわからなくなります
「全切開」施術後の傷跡
目を閉じても傷跡が目立ちません!

まぶたの構造
まぶたの構造

まぶたというのは、睫毛側は薄くて、眉毛側にいくにしたがって厚くなります。そのため、仮に、まぶたの非常に厚い人に対して、幅の広い二重を作る場合に、ミニ切開を5~10mmの短い切開でやってしまうと、間違いなく傷の部分だけ窪んでしまい、内部処理が不十分なため、二重が浅くなったり、取れてしまうことがあります。そのような方のミニ切開は15~20mm切開する必要があります。そうすれば、そこだけ窪んで不自然になることはないし、内部処理も充分に行うことができるので、二重が浅くなったり、取れてしまうことはありません。ちなみに、全切開というのはまぶたの端から端まで切開するので、30~35mm切開することになります。全切開よりミニ切開の方が傷が短いため、腫れが少なく、術後の回復が早いです。

ミニ切開というのは、患者様のまぶたの厚みや作る二重の幅に合わせて、なるべく短い切開で永久に取れない二重を作る手術です。

まぶたの薄い人に対して、狭い二重を作る場合は、10mm程度の短い切開でも、充分に内部処理もできるし、元のまぶたが薄いため、そこだけ窪むこともありません。まぶたが厚ければ厚いほど、作る二重の幅が広ければ広いほど、充分な内部処理をする必要があるということと、傷が短いとそこだけ窪んでしまうという理由で、傷を長くする必要があります。そのため、患者様のまぶたの厚みや作る二重の幅に合わせて、切開の長さを調整すれば、全切開の傷よりも短くてすむし、目立たないわけです。

高須クリニックでは、20mmまでの切開はミニ切開として行っているのですが、まぶたが厚い方で、たくさん脂肪を切除することを希望され、非常に幅の広い二重も希望されている場合は、ミニ切開では充分な内部処理や脂肪切除ができないため、全切開をお勧めされていただくこともあります

当院では、その方にあった最適な方法を選択させていただきますので、ご安心ください

症例写真

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)


(3ヶ月後)

■二重まぶた・全切開法


(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大