顔の施術について

鼻の手術の局所麻酔注射は痛いのか?シリコンプロテーゼ、耳介軟骨移植、小鼻縮小、鼻尖形成など

シリコンプロテーゼ、耳介軟骨移植、小鼻縮小(鼻翼縮小)、鼻尖形成(鼻尖縮小)、ハンプ切除、骨切り幅寄せ、鼻中隔延長など、鼻の手術希望の患者様のカウンセリングをしていると時々、「鼻の局所麻酔注射は痛いってネットに書いてあったんですが、本当ですか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「ちょっとチクッとしますが、一瞬で終わるし、手術中は全く痛くないので、そんなに心配しなくていいですよ」です。

また、時々、「先生に二重まぶた切開法をしてもらったときは、局所麻酔注射は全然痛くなかったのですが、鼻の局所麻酔注射も痛さは同じですか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「鼻の局所麻酔注射のほうがちょっと痛いです」です。

高須クリニックで二重まぶた切開法と鼻の手術を両方やったことがある人は、「二重まぶた切開法の局所麻酔注射は全然痛くなかったけど、鼻の手術の局所麻酔注射はちょっと痛かった」と言うことが多いです。それは、まぶたの皮膚は非常に薄くて軟らかいため、局所麻酔注射液を注入するとき、ほとんど抵抗なくフワーっと膨らむのに対し、鼻の皮膚は厚くて硬いため、局所麻酔注射液を注入するときの抵抗が強いからです

しかし、痛いといっても、極細の注射針で注射するので、一瞬チクッとする程度であり、局所麻酔注射が終わってしまえば、手術中は全く痛くないので、そんなに心配しなくて良いと思います。
また、高須クリニックでは、局所麻酔注射が痛くないように、以下の4つの工夫をしています。

①局所麻酔注射液にメイロンを混ぜている
②局所麻酔注射液に新鮮なエピネフリンを混ぜている
③極細の注射針を使用している
④痛くなく注射する技術

以下に詳しく説明します。

〈局所麻酔注射液にメイロンを混ぜている〉
当院の局所麻酔注射液にはメイロンという薬を混ぜています。人間の体液はアルカリ性なのですが、局所麻酔注射液は酸性です。アルカリ性である人間の体に酸性の局所麻酔注射をすると、注入時に激しい痛みがあります。局所麻酔注射液にメイロンを混ぜると、局所麻酔注射液が人間のphに近いアルカリ性になるため、注入時の痛みが少なくなります。

〈局所麻酔注射液に新鮮なエピネフリンを混ぜている〉
エピネフリンは血管を収縮させる薬です。新鮮なエピネフリンを局所麻酔注射液に混ぜて注射すると、麻酔した部位の血管が収縮するため、麻酔薬が血管内に吸収されにくくなり、麻酔がよく効くようになります。
また、麻酔が長時間効くようになるため、手術の途中で麻酔が切れることもありません。

〈極細の注射針を使用している〉
注射は一般的に、太い注射針で注射したときよりも、細い注射針で注射したときのほうが痛みが少ないです。当院では注射部位、注入量に応じて、最適な極細の注射針を使用しているので、痛みが少なくなります。

〈痛くなく注射する技術〉
同じ局所麻酔注射液を同じ注射針で注射する場合でも、注射する医者によって凄く痛い場合とあまり痛くない場合があります。局所麻酔注射が上手な医者は、まずポイントとなる部位(神経支配領域の中枢側)に局所麻酔注射をして、その後、麻酔が効いてきた部位から順番に注射していくので、あまり痛くありません。
しかし、局所麻酔注射が下手な医者は、最初のポイントがどこか分からないので、ポイントがずれた位置に注射してしまい、その上、麻酔が効いていない部位にあちこち注射するので、非常に痛いです。

高須クリニックは麻酔注射の上手な医者しかいないので、ご安心くださいね。

▼高須クリニックでの麻酔の考え方

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大