顔の施術について

鼻先の耳介軟骨移植や鼻尖形成(鼻尖縮小)をした後、シリコンプロテーゼを入れることはできるのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「私は、以前、鼻先に耳介軟骨移植をしているのですが、シリコンプロテーゼを入れて、鼻を高くして、鼻筋を通すことはできますか?」「私は前に鼻尖形成(鼻尖縮小)をして、団子鼻を細くしているのですが、シリコンプロテーゼを入れることはできますか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「高須クリニックのI型シリコンプロテーゼなら、鼻先の耳介軟骨移植や鼻尖形成(鼻尖縮小)をした後でも可能です」です。

鼻先に耳介軟骨移植をした後でも、耳介軟骨が移植されている部分にオーバーラップしないように、骨膜下を剥離し、I型シリコンプロテーゼを挿入すれば、何も問題ありませんし、移植した耳介軟骨が手術の邪魔になることもありません
そもそも高須クリニックでは、鼻先まで入るL型プロテーゼは危険性が高いため、使用しておらず、鼻先まで入らない安全なI型プロテーゼを使用しているため、鼻先に移植した耳介軟骨とシリコンプロテーゼがオーバーラップすることはありません。
鼻尖形成(鼻尖縮小)をした後に関しても、I型シリコンプロテーゼを入れる際、剥離、プロテーゼの挿入ときに問題があることは特にありません。
鼻先の耳介軟骨移植の後でも、鼻尖形成(鼻尖縮小)の後でも、その状態の鼻において、必要な高さ、長さのプロテーゼをデザイン、形成して、挿入することになります。

従来のL型プロテーゼ 鼻先の皮膚に負担がかかる。鼻先が上にあがってブタ鼻になりやすい。笑ったときに鼻先があがらないので不自然になる。 当院で使用しているI型プロテーゼ 皮膚に負担がかからない。ブタ鼻になりにくい。笑ったときに鼻先が自然にあがる。

また、鼻先の耳介軟骨移植や鼻尖形成(鼻尖縮小)の後、シリコンプロテーゼを入れる場合、原則6ヶ月以上空けて手術することが多いのですが、私に関しては、大きな腫れがなければ、特別手術に支障がないため、1ヶ月くらいで手術することもあります

症例写真
■眉間プロテーゼ+鼻プロテーゼ+鼻先耳介軟骨移植+小鼻縮小手術の症例写真


(8ヶ月後)


(8ヶ月後)


(8ヶ月後)


(8ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大