顔の施術について

二重まぶた切開法、鼻シリコンプロテーゼなどの手術の後、傷跡の縫合糸に血の塊がついているとき、どうすれば良いのか?


手術直後、血が付いた状態

よく、手術後のアフターケアの相談メールなどで、「2日前に二重まぶた全切開法をしたのですが、傷跡の縫合糸のところに血が固まってこびりついたような状態になっています。これは自分で取ったほうが良いですか?それともそのままにしとけば良いですか?」「3日前に鼻にシリコンプロテーゼを入れたのですが、鼻の穴の中の傷跡の縫合糸のあたりに血の塊のようなものがついています。これは取ったほうが良いですか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「傷跡の縫合糸のところについた血の塊を無理して取ろうとすると、傷跡に負担がかかるし、縫合糸が取れてしまうこともあるので、無理して取る必要はありません」です。

二重まぶたミニ切開法、二重まぶた全切開法、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン)、蒙古襞形成、目頭切開の修正、上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)などの目もとの手術や、シリコンプロテーゼ、耳介軟骨移植、小鼻縮小(鼻翼縮小)、鼻尖形成(鼻尖縮小)などの鼻の手術、その他の傷跡を縫合する手術全てにおいて共通することですが、傷跡の縫合糸のところにこびりついた血の塊は、無理して取る必要はありません。
傷跡を縫合する手術をすれば、術後24時間くらいは、傷口からジワジワと少量の出血をすることがあるため、その血液が固まり、傷跡や縫合糸に血の塊がこびりつくことがあります。その血の塊を無理して取ろうとすると、傷跡に負担がかかるし、縫合糸が取れてしまうこともあるので、無理して取る必要はありません。抜糸のときに、縫合糸と一緒に血の塊を取り、綺麗にお掃除させていただきます。

抜糸までの間、傷跡に血の塊がついていても、それが傷跡や術後の経過、仕上がりなどに悪影響を及ぼすことは特別ありませんので、ご安心ください。ただし、鼻のシリコンプロテーゼなどの手術の後、どうしても抜糸に来ることができない人などは、吸収糸(溶ける糸)で鼻の穴の中の傷を縫合し、自然に溶けるのを待つこともあります。その場合、糸が溶けてしまえば、血の塊も一緒に取れてしまいます。

症例写真
■全切開法で幅の広い平行型二重まぶたを作った男性の症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像


手術前
手術前です。
二重まぶた全切開法でやや幅の広い平行型二重を作ることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
細い糸で細かく縫合してあります。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだ腫れがあり、予定より二重の幅が広いです。

1週間後抜糸直後の目を閉じた状態
1週間後抜糸直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだ少し腫れています。

1ヶ月後の目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れが引き、完成です。
やや幅の広い平行型二重まぶたになりました。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大