顔の施術について

笑ったときに目が細くなるのを治すにはどうしたら良いのか?二重まぶた埋没法?全切開法?脂肪取り?

最近、10代~30代の若い女性患者様のカウンセリングをしていると、「私、笑ったときに目が細くなるのが嫌なんです」「笑って写真を撮ると、目が線のように細くなるんです」「芸能人とかモデルとかの写真を見ると、笑ったときでも目が大きいのに、私は笑うと目が細くなるんです」などのお悩みが多いです。

確かに芸能人の笑っている写真を見ると、目が細くなっておらず、パッチリ大きく目が開いていることが多いです。笑ったときに目が細くなる人には、色々な原因があります。

  • 一重まぶたや奥二重で、元の目が細い
  • 上まぶたに脂肪がたくさんついており、まぶたが分厚い
  • 元のまぶたの開きが悪い、眼瞼下垂である
  • 笑ったときの表情の作り方の問題
などです。

まず、元の目が細く、絶対的に縦幅が小さければ、当然、笑ったときはさらに目が細くなります。一重まぶたや奥二重は、まぶたの皮膚が被さる分、目が細いです。二重まぶた埋没法や切開法などで、適度に幅が見える二重を作れば、被さる皮膚が上に上がる分、目の縦幅が大きくなり、笑ったときに目が細くなるのはある程度改善します

上まぶたに脂肪がたくさんついており、まぶたが分厚いと、笑ったときにまぶたのボリュームが下に下がり、目が細くなりやすいです。そのような人は、上まぶたの脂肪を除去すると、ある程度改善することがあります

まぶたを開く力が弱かったり、眼瞼下垂の人は、元の目が細いため、当然、笑ったときは、さらに目が細くなります。そのような人には、眼瞼下垂手術を行い、まぶたの開きを良くし、目の縦幅を広げれば、笑ったときでも目が細くなりにくくなります

また、目の縦幅を広げるには、たれ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)も有効です。たれ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、下まぶたの外側を下に下げて、目の縦幅を広げる効果があるため、笑ったときに目が細くなるのが多少改善します

あとは、笑ったときの表情の作り方も重要です。
人気のある芸能人を見ると、確かに、みんな元の目が大きいのですが、笑ったときに目が細くならないように、努力や工夫をしていることが多いです。彼女達は、写真を撮られるときや、携帯で自撮りするとき、より自分を可愛く見せるために、目が細くならないように、大きく見開いて、目を大きく見せています

また、口角や頬を上げすぎると、下まぶたが上に上がり、目が細くなるので、目が細くならない程度に、口角や頬を上げて笑っています。写真を撮るときは、そういった努力や工夫をすることも重要だと思います

笑うときの工夫

目が細くならない程度に、口角や頬を上げて笑うようにする。

症例写真
■まぶたの皮膚が余って覆い被さっている年配女性に二重まぶた埋没法を行った症例写真


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

■眼瞼下垂手術で幅の広い平行型二重まぶたを作った症例写真の術前術後画像の解説


■垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)


(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大