顔の施術について

ミニリフト、フルフェイスリフトなどの手術をした後、帰りは包帯でぐるぐる巻きの状態になるのか?

よく、メールのお問い合わせなどで、「ミニリフトを受けたいのですが、帰りはどのような状態になりますか?」「フルフェイスリフトを受けたいのですが、帰りは包帯でぐるぐる巻きの状態になるのですか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「私の手術に関しては、ミニリフト、ミディアムリフトは、手術した当日、耳の前の傷跡に軽くガーゼ当てておくだけで、フルフェイスリフト、額リフトは、手術当日、ガーメント(包帯のようなもの)でフェイスラインを圧迫していただきます」です。

私の手術に関しては、ミニリフト、ミディアムリフトは、術後に強い圧迫は必要ないため、包帯でぐるぐる巻きにしたり、ガーメントをする必要はなく、耳の前の傷跡に軽くガーゼを当ててテープで留めておくだけになります。1日ガーゼを当てておき、翌日には外していただいて大丈夫です。

フルフェイスリフトは、手術後24時間は、側頭部~耳の前~耳の後ろの傷跡を軽く圧迫しておいたほうが、腫れが早く引き、回復も早いため、ガーメントを装着していただきます
翌日にはガーメントを外していただいて大丈夫ですが、手術後数日は、ガーメントはしておいたほうが腫れが早く引きます(24時間ずっとつけっぱなしにしなくても良いので、家にいる間、つけれるときにつけていただくとよいです)。

額リフトは、手術当日は額の傷跡にガーゼを当て、ガーメントもしていただきますが、翌日にはガーゼもガーメントも外していただきます

ミニリフト、ミディアム、フルフェイスリフト、額リフトでも、術後は、帽子やスカーフなどでガーゼやガーメントを隠してお帰りいただくことが多いです。帽子やスカーフなどは、ご自分で準備していただいてもよろしいですが、クリニックでも準備しているので、必要があればお貸しさせていただきます。

ちなみに、こめかみリフト、ポニーテールリフト、イタリアンリフト、イタリアンリフトファイン、ゴールデンリフト、ウルトラVリフト、バッカルファット除去などの手術の後は、ガーゼを当てたり、包帯でぐるぐる巻きにしたり、ガーメントをする必要はありませんので、ご安心ください。

効果 皮膚のたるみを改善する施術法
メスを使う施術法 ミニリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムリフト、フルフェイスリフト、ブローリフト、こめかみリフト、額リフト、バッカルファット除去、二重あご解消、下まぶたたるみ取り、上まぶたたるみ取り、上眼瞼リフト(眉下切開による上瞼たるみ取り)
針・糸を使う施術法 金の糸(ゴールデンリフト)、イタリアンリフトファイン、イタリアンリフト、ウルトラVリフト、ポニーテールリフト
機器を使う施術法 サーマクールCPT、ポラリス、フラクセル2、ウルセラシステム、サーマクールアイ、eプラス/トリニティ・プラス、フォトRF
注射・点滴を使う施術法 長期持続型ヒアルロン酸注入、グロースファクター、アンチエイジング点滴

症例写真
■70代女性にミニリフトを行った症例写真


(6ヶ月後)

■フルフェイスリフト 額リフト、上下まぶたのたるみ取りも施行


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大