顔の施術について

ヒアルロン酸が入っている鼻にプロテーゼを入れる場合はどうするのか?


他院で安価なヒアルロン酸の注入を受け、ヒアルロン酸が横に広がってしまい、鼻が高くなると同時に太くなっていました。

鼻にヒアルロン酸が入っていて、シリコンプロテーゼを入れたいという方はよくいらっしゃいます。理由は、「ヒアルロン酸だといつかなくなるのが嫌」とか、「他院で安いヒアルロン酸を入れ過ぎて、アバターのように横に広がって鼻が太くなってしまったから、プロテーゼで鼻筋を通したい」などです。

プロテーゼを入れる手順としては、
1.ヒアルロン酸が入っている状態で、そのままプロテーゼを入れる。
2.あらかじめ、ヒアルロニダーゼを注射してヒアルロン酸を溶かして、元の状態に戻してから後日、プロテーゼを入れる。
の2つの方法があります。

1.の場合は、術前の診察で、今、どれくらいの量のヒアルロン酸が入っていて、どれくらい高くなっているのかを予想して、最終的に患者様の希望する高さに仕上がるようにプロテーゼをつくり、手術します。プロテーゼを入れるポケットをつくるときに、半分くらいのヒアルロン酸は外に出てしまいます。残ったヒアルロン酸は、希望があれば、私は無料でヒアルロニダーゼをその場で注射します。その場合、腫れが引くと、希望通りの高さになっています。

2.の場合は、あらかじめヒアルロニダーゼを注射すると、1~2日でほとんどのヒアルロン酸は溶けて吸収され、一旦、本来の自分の鼻の高さになります。そして、手術の日に、患者様が希望する高さになるようにプロテーゼをつくり、手術をします。私の場合、最初に注射するヒアルロニダーゼは、プロテーゼを入れる前提で行うものなので、無料で行っています。

施術前 施術後
鼻にヒアルロニダーゼを注射   鼻のヒアルロン酸が溶け、本来の鼻の高さへ   高さを調整したプロテーゼを挿入

どちらの方法が良いのかとなると、熟練した医師が行うのであれば、結果はほぼ同じになります。

ただ、患者様の強い希望がある場合や、患者様が一旦元の状態に戻してからプロテーゼをつくってもらう方が納得して手術を受けることができるとおっしゃる場合は、二度手間になりますが、2.の方法で行うようにしています。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大