顔の施術について

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。
ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

バッカルファット除去とメソシェイプフェイス(小顔専用脂肪溶解注射)ではどちらが効果ありますか?

小顔、輪郭、フェイスラインの治療希望で、頬の贅肉を取りたいという患者様のカウンセリングをしていると時々、「バッカルファット除去とメソシェイプフェイス(小顔専用脂肪溶解注射)では、どちらが効果ありますか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「バッカルファット除去とメソシェイプフェイスはターゲットにしているものが全く違うし、メソシェイプフェイスは注射する回数によって効果が違うので、一概に答えることはできません」です。

バッカルファットは頬の奥の方にある脂肪の塊で、口の中から除去します。頬がふっくらしている人からバッカルファットを除去すれば、頬が少しすっきりし、小顔効果があります。
また、バッカルファットは加齢によって、ブルドッグのように頬がたるむ原因であるので、早い内に除去しておけば、将来頬がたるんで、法令線やマリオネットラインが深くなる予防にもなります
一方、メソシェイプフェイス(小顔専用脂肪溶解注射)は、顔の皮下脂肪を除去する治療で、頬、フェイスライン、二重顎の原因になる顎の裏の皮下脂肪など、基本的に顔が大きく見える原因になる皮下脂肪はどこでも治療することができます。2週間以上間隔を空けて注射すれば、注射した分だけ脂肪を溶解し、除去することができます。

バッカルファットの位置 メソシェイプの仕組み

バッカルファット除去とメソシェイプフェイスは、ターゲットにしている除去する脂肪が違うし、メソシェイプフェイスは注射する回数に比例して効果が大きくなるので、「バッカルファット除去とメソシェイプフェイスでは、どちらが効果ありますか?」とご質問されても、一言で、「○○のほうが効果があります」とは言えないのです。頬がふっくらしている人は、ほとんどの場合、バッカルファットと皮下脂肪が両方発達していることが多いです。
そのため、「頬の贅肉を取って小顔になりたい」と希望する患者様のほとんどは、バッカルファット除去とメソシェイプフェイスの両方を行うのが良いです。ただし、予算が限られている場合は、予算の範囲内で最も効果がみられる治療をおすすめさせていただきます。

人によって、バッカルファットや皮下脂肪の発達の仕方が異なるので、その人の顔に応じておすすめさせていただきます。
私の感覚では、バッカルファットを平均的に除去する量の卵の黄身1固半分の脂肪は、メソシェイプフェイス12万円+消費税を3回注射して取れる皮下脂肪の量と同じくらいです(これはあくまで除去される脂肪の量の話で、目に見える効果が同じということではありません)。

症例写真
■小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスを4回注射した症例写真


(4回目注射後1ヶ月)


(4回目注射後1ヶ月)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大