顔の施術について

二重まぶた全切開法、目頭切開、目尻切開、タレ目形成などの手術後、いつから洗顔、洗髪してよいのか?

二重まぶた全切開法、ミニ切開法(部分切開法、小切開法)、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)などの目もとの手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「いつから洗顔はできますか?」「いつから洗髪、シャンプーしていいですか?」とご質問いただきます。

  • ・二重まぶた全切開法
  • ・ミニ切開法(部分切開法、小切開法)
  • ・眼瞼下垂手術
  • ・目頭切開
  • ・目尻切開
  • ・タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)
  • ・蒙古襞形成
  • ・上まぶたたるみ取り手術
  • ・下まぶたたるみ取り手術
  • ・上眼瞼リフト
  • ・ブローリフト
  • ・上まぶた逆さまつ毛修正手術(切開法)
  • ・下まぶたの逆さまつ毛修正手術
などの皮膚を切開する目もとの手術は、切開した部分を細いナイロン糸で縫合し、約1週間後に抜糸をします。

手術当日は傷跡を濡らさないようにしていただきます。洗顔する場合は、傷跡を濡らさないように、目もと以外の部位を上手に洗ってください(洗顔料、洗顔フォーム、石鹸を使って頂いてもかまいません)。
かといって、絶対に傷跡を濡らしてはいけないとか、傷跡を濡らすと取り返しがつかないことになるというわけではありません。もし、傷跡が濡れてしまったら、綺麗なティッシュペーパーやタオルなどで軽く拭き取っていただけば大丈夫です。傷跡に洗顔フォームがついてしまったら、水で軽くすすぐか、濡れタオルなどで拭き取っていただけば大丈夫です。
手術当日のシャンプーも同じで、なるべく目元に水滴がつかないように上手に洗ってください。傷跡に泡がついてしまっても、水で軽くすすぐか、濡れタオルなどで拭き取っていただけば大丈夫です。

手術の24時間後には、傷跡をゴシゴシ強く擦ったりしなければ、傷跡を含め目もとを軽く洗っていただいても大丈夫です(洗顔フォームを使って頂いてもかまいません)
洗顔した後も、洗髪した後も、傷跡に泡が残らないように、綺麗にすすいでください。

約1週間後に抜糸をした後は、傷跡を含め、ほとんど普通に目もとを洗っていただいて大丈夫です。ただし、手術して1ヶ月くらいは、傷跡に負担がかかるのは良くないので、強い力でゴシゴシまぶたを擦るのはやめ、軽く指の腹で擦るくらいにしましょう。ちなみに、抜糸した後、まぶたを強く擦ってしまったからといって、二重のラインが取れてしまったりすることは、高須クリニックの手術に関してはまずありえないので、ご心配ありません。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大