顔の施術について

鼻にシリコンプロテーゼが入っている状態で、骨切り幅寄せ手術をすることはできるのか?

ときどきメールのお問い合わせなどで、「鼻にシリコンプロテーゼが入っているのですが、骨切り幅寄せ手術をしていただくことはできますか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「鼻にシリコンプロテーゼが入っている人が骨切り幅寄せ手術をする場合、骨切り幅寄せ手術の際に、一旦、シリコンプロテーゼを抜いて骨切り幅寄せをし、ご希望であれば、後日シリコンプロテーゼを入れることになります」です。

骨切り幅寄せ手術は、鼻の根本の骨が広がっている人に対して行う手術で、ノミで鼻の骨に縦に4本の割を入れ、遊離骨片を内側へ移動させて幅寄せした後、ギプスで約1~2週間固定します。鼻の骨を一旦ブラブラにして固まるまで待つ手術なので、もしも、シリコンプロテーゼが入ったままで手術を行い、ギプスで固定しようとすると、グラグラになった不安定な状態の土台の上にシリコンプロテーゼが乗ることになるので、シリコンプロテーゼがずれるなどの様々な問題が起こる可能性があります。

そのため、骨切り幅寄せ手術の際、一旦シリコンプロテーゼを抜いて、骨切り幅寄せを行い、後日、患者様が希望されれば、再度シリコンプロテーゼを入れることになります。その場合、骨切り幅寄せ手術をしてからシリコンプロテーゼを入れるまでの期間は、私に関しては3ヶ月以上空けるようにしています。骨を切ってから、しっかり固まるまで3ヶ月はかかるからです。

2~3週間くらいでだいたいは固まるのですが、まだ弱い結合なので、その状態でシリコンプロテーゼを入れようとすると骨に負担がかかってしまい、形が崩れてしまう可能性があります。骨切り幅寄せ手術は、横に広がっている鼻が細くなるため、手術をすることによって、鼻筋を通すことができるのですが、高さに関しては変化はありません。

そのため、シリコンプロテーゼが入っている人が、シリコンプロテーゼを抜いて骨切り幅寄せ手術をした場合、その後、再びシリコンプロテーゼを入れるかどうかは人それぞれになります。また、骨切り幅寄せ手術をした後、鼻にヒアルロン酸注射をするという選択肢もあります。その場合、骨切り幅寄せ手術をしてからヒアルロン酸注射をするまでの期間は、私に関しては1ヶ月くらい空けることが多いです。

症例写真
■鼻骨切り幅寄せ+小鼻(鼻翼)縮小で、大きく横に広がっている鼻を細くして鼻筋を通した症例写真


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大