顔の施術について

二重まぶた切開法、目頭切開、眼瞼下垂手術などの手術をする際、仕事や学校は何日休めば良いのか?

二重まぶた全切開法、ミニ切開法、目頭切開、目尻切開、眼瞼下垂手術、タレ目形成(グラマラスライン)などの手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「仕事は何日休めばいいですか?」「居酒屋でバイトしてるんですが、何日休めばいいですか?」「何日学校の休みが取れるときにやればいいですか?」などのご質問をいただきます。

  • 二重まぶた全切開法
  • ミニ切開法(部分切開法、小切開法)
  • 眼瞼下垂手術
  • 目頭切開
  • 目尻切開
  • タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)
  • 蒙古襞形成
  • 上まぶたたるみ取り手術
  • 下まぶたたるみ取り手術
  • 上眼瞼リフト
  • ブローリフト
  • 上まぶた逆さまつ毛修正手術(切開法)
  • 下まぶたの逆さまつ毛修正手術
  • 上まぶた脂肪取り

これらの手術は全て、目元の皮膚を切開し、細い青色透明のナイロン糸で縫合した後、約1週間後(だいたい手術後6~8日目です)に抜糸をします。

傷跡に糸がついている間はアイメイクすることはできませんが、抜糸した翌日からアイメイクすることができます。皮膚を切開する手術は、どんな手術でも、完全に腫れが引いて完成するのに、厳密にいうと約6ヶ月かかります。しかし、大きな腫れは、だいたい1~2週間で引くので、抜糸した後、アイメイクをしっかりすれば、腫れはそれほど目立たないことが多いです。

そのため、アイメイクをしっかりする人は、1週間くらいの休みで手術することが多いです。ほとんどアイメイクをしない女性や男性に関しては、デザインなどによる術後の腫れの程度にもよりますが、1~2週間くらいの休みで手術する人が多いです。ただし、どのようなケースでも、人目を気にする人、気にしない人、ちょっとした腫れを気にする人、気にしない人がいます。

あまり人目を気にしない人は、抜糸するまでの間、目元に糸がついている状態でも、眼鏡をすれば、至近距離(1m以内)でジロジロ見られなければ、かなりカモフラージュできるので、手術の翌日から仕事したり、学校に行く人もいます。美容整形したことが周囲にバレても構わない人、周囲に公言している人も、手術の翌日から仕事したり、学校に行く人はいらっしゃいます。

多少目が腫れていても、目は見えるし、身体は動くので、腫れや周囲の目を気にしない人は、手術翌日からでも学校に行くことはできるし、仕事に行くことは可能です(ただし、激しい運動などは抜糸するまではやめてください)。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大