顔の施術について

鼻や眉間のシリコンプロテーゼはどれくらい腫れる?学校や仕事は何日休めばいい?

鼻や眉間のシリコンプロテーゼ希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「術後はどれくらい腫れますか?」「学校は何日休めばいいですか?」「仕事は何日休めばいいですか?」などのご質問をいただきます。

鼻や眉間のシリコンプロテーゼの手術後は、主にプロテーゼを入れた部分が腫れます。プロテーゼを入れた部分が膨らんで横に広がり、高さは予定より少し高くなっています。

腫れのピークは手術当日~手術翌日で、その後は時間と共に引いていきます
個人差はありますが、腫れが引くのが早い人の場合、手術後2~3日目くらいには大きな腫れは引き、人前に出ても大きな違和感がない程度になります。腫れやすい人の場合でも、だいたい1週間も経過すれば、人前に出ても違和感のないくらいの腫れになります
そのため、あまり休みがとれない人は、3日間くらいの休みで手術することが多いです。
休みが長くとれる人の場合は、1週間休みをとってから手術することをお勧めします。

1~2週間経過すれば、大部分の腫れは引いているのですが、まだわずかな腫れはあり、完全に腫れが引いて完成するのは、個人差がありますが、だいたい3~6ヶ月かかります。鼻筋にプロテーゼを入れた場合、わずかな腫れがある間は、少し鼻筋がぼやけた感じになっていることがありますが、完全に腫れが引くと綺麗に鼻筋が通ります。術後のギプス固定やテーピング固定に関しては、プロテーゼが挿入される範囲を適切なスペース分骨膜下が剥離されていれば必要ないので、私に関してはどちらも必要ありません。

また、術後の腫れの強さや腫れる期間の長さはある程度個人差があり、以下の要因によって左右されます。

  • ・術者の技量(手術が上手いか下手か)
    当然、手術が上手い医者のほうが手術時間が短く、出血量もごくわずかであるため、腫れが少ないです。
  • ・プロテーゼのデザイン
    一般的に厚いプロテーゼ、長いプロテーゼのほうが腫れが強く、薄いプロテーゼ、短いプロテーゼのほうが腫れが少ないことが多いです。
  • ・患者様の体質
    ちょっとぶつけただけですぐ打ち身になる人や、顔が浮腫みやすい体質の人は腫れが強く出て長引きやすい傾向にあります。

症例写真
■眉間から鼻にかけてシリコンプロテーゼを入れ、かなり高くし、鼻筋を通した症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像


手術前
手術前です。
元々鼻が高く、鼻筋が通っている患者様です。
患者様の御希望で、眉間から鼻根部、鼻背にかけてシリコンプロテーゼを入れることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射の影響で腫れています。
同時に頬のメソシェイプフェイス(顔専用脂肪溶解注射)をしています。

2週間後
2週間後です。
大きな腫れは引いています。

4ヶ月後
4ヶ月後です。
腫れはほとんど引いており、ほぼ完成です。




■ビフォー・アフター


(4ヶ月後)


(4ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大