顔の施術について

鼻や眉間のシリコンプロテーゼの手術後は、いつからメイク、化粧、洗顔できる?

鼻や眉間のシリコンプロテーゼ希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「手術後はいつからメイクできますか?」「いつからお化粧していいですか?」「いつから洗顔とかしていいですか?」などのご質問をいただきます。

鼻や眉間のシリコンプロテーゼの手術は、片方の鼻の穴の中を切開し、プロテーゼを挿入して、傷口を縫合します。
傷跡は鼻の穴の中だけであり、顔の表面に傷はありません
また、私に関してはプロテーゼを入れるだけの最小限の骨膜下剥離のみで行うため、手術中、手術後の出血や腫れも最小限で済み、術後にプロテーゼがずれたり、移動したりする心配がないため、ギプスやテーピングによる固定は必要ありません

そのため、理屈的には手術直後からでも、よほど手術部位を強く擦ったりしなければ、鼻を含めて顔全体にメイクをすることはできます
ただし、手術当日は局所麻酔注射などの影響もあり、手術部位周囲が強く腫れているため、メイクしても意味がないし、メイクする気も起こらないとおもいます。

手術翌日~手術翌々日くらいになると、ある程度腫れが引いてくるため、メイクする気が起きてくるかもしれません。鼻を含めて顔全体にメイクして大丈夫ですが、特に手術後1週間くらいは、手術部位は不安定な状態にあるし、強く押さえれば痛みもあるので、強くゴシゴシ擦ったり、押さえつけるのは避けて、優しくメイクやメイク落としをしてください
洗顔に関しても、手術当日から洗顔フォームや石鹸を使って洗っていただいても大丈夫ですが、やはり手術後1週間くらいは特に手術部位は不安定な状態にあるので、手術部位を強くゴシゴシ擦ったり、押さえつけるのは避けて優しく洗ってください。
また、鼻の穴の中に傷があるので、1週間は傷に洗顔フォームや石鹸の泡がつかないようにしてください
もしついてしまったら、水道のお水かぬるま湯で軽く洗い流してください。
傷は手術後1週間以内でも、水道水ならちょっとくらい濡れても大丈夫なので、濡れた後は綺麗なタオルやティッシュペーパーなどで軽く拭き取ってください。

症例写真
■眉間から鼻根部、鼻背にかけてシリコンプロテーゼを入れて立体的な顔立ちにした症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像


手術前
手術前です。
眉間から鼻根部にかけてシリコンプロテーゼを入れることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔の影響などにより腫れています。
同時に両目の眼瞼下垂手術も行っているので余計に腫れています。

1週間後
1週間後です。
鼻の穴の中の抜糸をしました。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
さらに細くなりました。
大きな腫れは引いています。

4ヶ月後
4ヶ月後です。
腫れはほぼ完全に引き、完成です。




■ビフォー・アフター


(4ヶ月後)


(4ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大