顔の施術について

鼻尖縮小の手術後はどれくらい腫れる?仕事や学校は何日休めばいい?

鼻尖縮小(鼻尖形成)手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「どれくらい腫れますか?」「仕事は何日休めばいいですか?」などのご質問をいただきます。

鼻尖縮小手術は、両側の鼻の穴の中から切開してクローズ法で、あるいは、両側の鼻の穴の中の切開と鼻柱の表面の切開を繋げてオープン法で行い、鼻先の軟骨や脂肪を操作して、太い鼻先や団子鼻を細くする手術です。
手術後は、手術内容や状態に応じて、3~7日間程度、ギプス固定やテーピング固定をします(何日間固定するかは、担当する医者の手術術式などによるので、詳しくはカウンセリングのときに担当医に聞いてください)

ギプスやテーピングをしている状態で人に会えば、手術したことがわかってしまいます。ただし、この手術は、術後に腫れるのは、ほとんど手術操作をした鼻先だけであり、他の部位が大きく腫れるということはまずないので、ギプスやテーピングをしていても、マスクをして隠してしまえば、手術した後ということはわかりません
そのため、仕事場でずっとマスクをしていい職場の方は、手術翌日から出勤することがあります(ただし、工事現場などの激しい肉体労働は1週間くらいはやめてください)

学生の方も、学校でずっとマスクをしていいのであるならば、手術翌日から登校することもできなくはありません(体育の授業や激しい運動は1週間はやめてください)。

3~7日後にギプスやテーピング固定を外すと、初対面の人から見て、整形手術を受けたということはまずわかりません。鼻先の皮膚は、まぶた周囲の皮膚などに比べると、かなり固くて厚いため、手術後の腫れ、浮腫み、内出血はそれほど出ないので、ギプスやテーピング固定を外した頃には目立った腫れはほとんどないからです。マスクなしでも、普通に会社に出勤したり、学校に登校しても大丈夫です。

症例写真
■鼻先の皮膚の厚いダンゴ鼻に、鼻尖縮小+耳介軟骨移植をした症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像


手術前
手術前です。
鼻尖縮小(鼻尖形成)と鼻先の耳介軟骨移植をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
鼻尖縮小をしたので、鼻先をギプスで固定しています。

3日後
3日後です。
ギプスを外しました。

1週間後
1週間後です。
鼻の穴の中と耳の穴の中の傷跡の抜糸をしました。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れが引いて完成です。






■ビフォー・アフター


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大